ユーチューブのタイトルにキーワードを入れてみよう。

from 宮城哲郎

 

今日はちょっとだけテクニカルな方法をお伝えする。

 

偉そうに話しているが、あくまでも「小手先」のスキルなので、面白半分で聞いて欲しいのだが、色々な施策を試してみたいと思っている方にはおすすめだ。

 

さて、その「小手先」のスキルとは何かと言うと、ユーチューブの動画タイトルを活用した「SEO」対策について…。

 

今後、動画を活用したマーケティングも重要になってくるので(既に来てるので)、まだ初めていないのなら、この記事をきっかけにアカウントを作ってみてはいかがだろう?

 

今やグーグルの次に検索利用されているYouTube

 

なぜ、このスポビジ大学で突然YouTubeの話をしたかと言うと、実は、スマホの台頭により、いつでもどこでも「ユーザーの欲しい情報が手に入る」時代になったのは承知のはずだが。

 

これまでは「情報を検索する行為」と考えた際、ほとんどの人がグーグルを活用して検索していたところを、最近では、わざわざGoogleを開かず、YouTubeを開いて「検索」をする人が増えているのだ。

※ま、YouTubeもGoogleだけど。笑

 

実際に「スポーツビジネス 会員集客」とGoogleで検索して頂いたらわかると思うのだが、僕が配信しているスポーツプレナーTVが上位に出てくるはず?

※後は、ほとんどスポビジ大学ではないだろうか?

 

このように、Google自体もユーザーに対して情報を届ける際、文字中心のコンテンツだけでなく動画も一緒に検索結果として掲示する時代になっているのだ。

 

この辺りは、マーケティングの仕事をしているという理由から、前々から知っていた事なのだが、こうして実際に目の当たりにすると。

 

今後は、更に消費者が使用する「道具」に合わせたマーケティング活動は重要なのだと感じている。

 

実際には、まだまだうちの会社の戦略としてはyoutubeを積極活用する事はしてないが、それでも既存のお客さんに対して「動く宮城哲郎」を実際に見てもらうという目的でやっていた事が、こうして上位表示されるのは不思議な感覚だ。

 

何より、最近のセミナーの場面でも「Googleで検索すると、宮城さんのYouTubeをよく拝見します。」と声をかけられる事も増えたわけだから無視できない部分だろう。

 

今後は、自社の方向性を踏まえながらこうしたYouTubeを活用したマーケティング活動も検討する必要があると思っている。

 

いかに視聴数を増やすか?というような目的ではなく、商品説明や、サービスの内容を「可視化」する目的だけでも活用するとかなり良いだろう。

 

実際に、僕の動画のほとんどは「スポーツビジネスに対するアドバイスの可視化」を目的として活用しているので、きっとあなたにも応用できると思うし、実際に僕の知り合いでYouTubeを有効利用してビジネスで成功している経営者もいる。

 

水面下で初めてみよう!

 

最近はユーチューバーの登場のおかげで、尚のことYouTubeを利用するハードルが高くなった気がする。なぜなら、視聴者がいないと「ダサい」からだ。笑

 

ただ、僕らはそうした動画再生回数で、収入を得るような事を目的にしているユーチューバーではないはず?

 

そう考えたら、とりあえず検索上位に自分達の「情報」を置くという意味で配信してみる事は決して悪い話ではない。

 

僕は、単純に「このキーワードで自分達の情報が上位に出てくれたら嬉しいな?」そんな気持ちで配信していたのが実を結んでいる。

 

あなたも、今のうちに、こうしたYouTubeを活用することに慣れて置く意味でも始めて置くのが良いだろう。

 

そのうち「これは使える!」と判断するレベルになった際に、力を入れれば良いのだ。

 

流行りに乗るのではなく、「勝てる波に乗る」のが鉄則だ。

 

今、あなたが勝てると思っている波に乗りながら、次の対策として準備をして置くと良いということだ。

 

それでは、頑張っていこう!

 

PS もしも、あなたがスポーツ集客で悩んでいるのなら、この無料メルマガを読んでみてはいかがでしょう??すでに3000名の人達が学んでいます。

↓ ↓

今すぐスポーツ教室集客について学ぶ