集客効果には時差がある

From:宮城哲郎

 

先日、僕の経営する「サンビスカス沖縄」のスタッフミーティングに参加した。

実際、サンビスカス沖縄での僕の仕事というのは、主に「戦略」と「決断」。この二つしかない。笑

 

当然、日々のマーケティング活動はスタッフに一任しているし、実際に月に2回のミーティングだけで、僕は現状を把握している。

 

毎回、前年比と比べ売り上げはどうなのか。入会率や退会率に変化はないか。

そういったことをチェックするだけにしている。

 

実際に現場のスタッフだけでのミーティングは毎週実施していて、そこにあえて僕は参加しない。

そのほうが、現場のスタッフの声を拾うことができるし、顧客の顔が見えているもからこそできる議論があるからだ。

 

あとは、その出た結果に対して、僕が「決断」する。

 

そんな中、マーケティングリーダーのスタッフから、こんな話があった。

「実は去年やった無料イベントで、ボールをオファーにした企画があったのですが。その時20人中、一人も入会しなかったんです。でも、半年後に、そのイベント参加者から連絡があり、兄弟3人で入りたいという連絡がきて。ずっと入りたいと思っていたんだけど、その時はまだ小さくて入れなかったらしいんです。なので、こういった活動って、続けていれば印象が付けられるんじゃないかって思うんです」

「そういえば、今入会している子も、そのイベント参加者の紹介で入会した子が何名かいますよ。その子は部活に入ってて入会してないんですけど、紹介という形で他の子が入会しているケースもありますね」

そういった内容だった。

僕はすぐに、今年も同じようなイベントを企画するよう話をした。

 

集客の効果

 

実際、あなたも経験があるのではないだろうか?

直接イベント直後には入会がなかったものの、兄弟を紹介してくれたり、友達を連れてきたりといったことで「違った形の集客効果」がでてくる事を。

 

実はサンビスカス沖縄で力を入れている事の一つに、「地域貢献活動」がある。

これは、無料で地域にスポーツ教室を開催し、イベント終了後にスクールのクーポンを配布するという単純な活動なのだが。

 

実は入会してくる子の多くが

「あの時のイベントで楽しかったから入会したんですよ」と話す保護者が非常に多いのだ。

特に、子供向けのスクールを中心としているサンビスカスでは、イベント開催時に「入会したい!」と思っている子と出会うことは少ない。

しかし、時が流れて、子供自身がスポーツに興味を持ち始める年齢にきた時に

「そういえば、サンビスカスっていうクラブがあったな」

というふうに印象付けることができているため、スポーツを始めようとしたときに、うちの名前をパッと思い出してくれるのだ。

 

こういった集客の効果には時差があるということを、あなたにもぜひ覚えておいてほしい。

 

集客効果はいつくるかわからない

 

もしかしたらあなたは、1000枚ポスティングしたのに、1人しかこなかった・・・と集客活動に対して悲観的になっているかもしれない。

でも、実際にあなたの配布した1,000枚は、だれかの目に入り、だれかの脳に印象付けられている。

それは、あなたの教室の存在かもしれないし、チラシの明るいイメージかもしれない。もしかしたら、コーチの出身地かもしれない。もしかしたら、共感するメッセージかもしれない。

 

集客活動をすることで、今は直接的な成果につながらないかもしれないが、その活動を続けることが、効果的な集客に必ず繋がっている。

特に、顧客にはタイミングがある。そのタイミングを逃さないために、あなたの集客活動はあるのだ。

 

なので、たとえ効果が出なくても、あなたができる範囲内でもいいから、集客活動は続けて欲しいと思う。

きっと、後にその重要性を実感する時がくるはずだから。

 

それでは。

 

PS もしも、あなたがスポーツ集客で悩んでいるのなら、この無料メルマガを読んでみてはいかがでしょう??すでに3000名の人達が学んでいます。

↓ ↓

今すぐスポーツ教室集客について学ぶ