集客しなくても儲かる方法

宮城哲郎の記事一覧

From:宮城 哲郎

売上を上げるためには3つの要素を改善する必要がある。

それは…

  • 客数
  • 客単価
  • 購入頻度

この3つのいずれかを増やす事だ。

 

という事を語ったのは、ジェイ・エイブラハムという米国No.1とも言われた経営コンサルタント。

僕のメルマガを読んでいる人であれば、すでに知っている話だと思います。

では、この3つの要素の中で、あなたが現在、最も力を入れている施策は何でしょうか?と質問すると何と答えますか?

多分、ほぼ全員が「集客」と答えるはずです。

もしも、本棚にあるほとんどのビジネス書が「マーケティングがらみ」であれば、大の集客好きです。笑

 

隠さないで大丈夫です。

僕自身も集客のネタは大好きですから、否定はしませんし気持ちは理解できますから。。。

誰だって、大勢の人に囲まれる状態というのは気持ち良いものですからね。笑

ただ、僕自身の経験からお伝えすると、僕の場合は違います。僕は集客は好きですが、集客よりも「大好き」な要素があります。

上記の3つの要素のことから考えた場合、優先順位で考えると「集客」という要素は最も後回しにする要素です。

そうです。

今の事業で売上をあげたいと考えたときに、僕自身、「客数」を最初に考えたことは、たった一度も無いということです。

じゃ、僕が何を第1に考えているか…?

そうです、想像はつくとは思いますが、「客単価」です。

自社のビジネスの価値をガンガンあげて、希少性を高めて、単価を上げるという事をいつも考えているのです。

 

8割の人は失敗する

世の中には、パレートの法則というのがあります。俗に言う、「8:2の法則」です。

いつも上手くいってるのは、2割だけの少数派です。8割の層は苦しんでいるものです。

 

ということは、「みんなと同じ事を学び、そして実践しているという瞬間から、負け確定」です。

まあ、冷静に考えたらそうですよね?

上手くいってる人というのは、そもそも他の人と違う「行動」を取っているから上手くいっているわけですから。

他の大勢の人達と同じ「ツボ」で一喜一憂してる間は、上手くいくことなんて無いですからね。

 

スポーツビジネスだからこそ

さて、今回のコロナ禍でスポーツのように「人を介すビジネス」は、大きな、大きな、大きなモデルチェンジを迫られました。

  • 人を介さないでサービスを提供するか?
  • それとも人が少なくても儲かるようにするか?

大きく分けて、この2つの選択です。

 

1番目の選択肢は、当然ながら「オンライン化」でしょう。オンラインサービスを駆使してお客さんにサービスを提供するという方法です。

 

2番目の選択肢、それは「利益率の高いビジネスにする」これが、客単価の部分です。

すでにプロスポーツの現場ではこの辺りの部分の着手が急がれています。理由は、「入場制限」が今後は必ず増えるので、それに対応するためです。

彼らが、来場する顧客よりも何に力を入れるのかというと、簡単にいうと「後援会」のような、チーム自体の活動や理念を応援する大口顧客の獲得です。

そこで収益を獲得して、入場料は徴収しない、または「オンラインでも視聴できるようにする」という流れでしょう。

ま、このような事なんてのは、僕らのような地域型のクラブから言わせると「昔からある方法」です。

ただ、それが今回のコロナの事で大きく様変わりがしたという事ですね。

 

そんなわけですから、今後は更に…

「とにかく客数、客数、客数ーーーー!」

という事で頭がいっぱいになっている人から、淘汰されていきます。

 

お客さんの数よりも先に、「お金が残る」モデルを作ってください。

お金が残るからこそ、結果的に既存のお客さんにも様々な濃いサポートが可能になります。

結果的に、その濃いサポートが他のライバルとの「差」になるのです。

 

薄利多売の状態の中では、目の前のお客さんに向き合う余裕なんて生まれません。

常に「新しい人」ばかりを追っかけると、いつまでも長くお付き合いしてくれる人と出会えません。

 

そんな「付き合う人がコロコロ変わるビジネス」って幸せなんでしょうか・・・?

僕は、そう思いますね。

 

 

PS 2022年こそ、本気でスポーツで生計を立てたい!

もしも、そう決意されたのなら、以下の無料コンテンツよりどうぞ・・・

↓ ↓

無料ウェブ講座
スポーツビジネスでうまくいかない
5つの特徴
個人で1,000万円を突破した具体的な方法を公開!!
今すぐ無料で見る