まず最初に注意があります。

正直に言って、これから話す内容は人を選びます。

 

この内容は、将来スポーツビジネスの現場で仕事にしたいと思っている人のためのものではありません。なので、「いつかスポーツを仕事にしたいな…」とぼんやりとお考えの方には退屈だと思います。

また、「とにかくスポーツビジネスでうまく行く為のノウハウ、ネタだけが欲しい人」と考えている人のものでもありません。

そして、スポーツビジネスというキーワードを連想した際に、SWOT分析」とか、「ボトムアップ」とか、「アジア戦略」とか、そういう用語が飛び交うような大手資本、プロスポーツのビジネスマンの為の物でもありません。むしろ、そうした存在と対等に戦えるようになりたいと思っている人達のものです。

なので、「自分達の地域は他とは違う…」とか、「自分の業界は難しいな…」などのような実際に行動する気も無く、批評ばっかりしている評論家タイプの人の為の物でもありません。

 

このコンテンツは…

スポーツという分野で、自分の持つスキルや知識、経験、アイディアなどを商品として仕事にしているビジネスをされている経営者が、

「いよいよ本気で経営を学ばないといけない。」

というに決意をし、自分のやっているビジネスを本格的に成長させ、その地域、業界でもNo1を目指す為のものです。

そして、業界の常識に囚われず、同業他社に注目され(一部には嫉妬され、嫌われるでしょう)、批判を物ともせず、変化を求めるている起業家を目指す人のためのものです。

ちなみに、なぜ僕がそんな事を話すのか?というと…。そこにはスポーツビジネスで成功収めようと努力をした人の多くが陥る、残酷な現実からきています。

 

あなたの現実はどうでしょうか?ちょっと思い浮かべて見てください。

あなたは不思議に思いませんか?

なぜ、同じような商品やサービスを販売しているのにも関わらず、片方にはどんどんお客さんが集まり、もう片方には全くお客さんが集まらないかを。

双方が全く似ているのであれば、まだ良いかも知れません。

ですが、これが、「自分達よりも明らかに実績もなく、そしてキャリアもなく、大した資格を保有しているわけではないのにも関わらず、実績も、キャリアも、資格も保有していないほうが、市場の注目を集めているとなれば、それには何かしらの秘密があるのかも知れないと考えた事がある事でしょう。

その秘密のカギを解くには、スポーツビジネスという特徴そのものについて、まずはお伝えする必要があります。それは一体、何かというと、、、

「スポーツ」という商品、サービスは本来、「売りづらい特徴」があるという事です。

 

実際に、最近ではスポーツに対してお金を支払う風潮も少しずつですが出てきました。しかし、まだまだ日本における「スポーツ」というものの認識は、生活を豊かにするものではあるけれど、衣食住のように絶対に必要というわけではなく、日常的にお金を払うものだという感覚を持ってはいません。

なぜなら、わざわざお金を払わなくても、ちょっと運動着を着用すればランニングは出来ますし、昔の仲間と連絡を取り合えば、みんなでスポーツを楽しむ事も「やろうと思えばできる」からです。

加えて、さらにその「売りづらさ」を加速させる要因があるのですが、それはお客さんにとって「実際に体験したり、手にとってみないと価値が分からない」という形のない商品であるという特徴を持っているからです。

事実、こんなにプロスポーツが盛んな時代になってきているのにも関わらず、いまだにプロの試合を観戦した事すらない人も多いでしょう。もしもあなたが、プロ野球、Jリーグ、Bリーグなどが開催する試合に、一度も観戦した事がないのであれば、それも証拠となります。

もしかしたら、あなたはこの3つ全てにお金を投じた経験があるかも知れません。ですが、周りに質問してみて下さい。きっと、10人に1人もいないでしょう。このように、連日テレビを賑わすプロスポーツ界でもそういう状況下なのですから、プロという肩書きのない我々だと、更にそのハードルは高くなる事が理解できると思います。

 

ただ、それでも現実には、そうした肩書きや実績などとは無縁の人たちがスポーツという「売りづらい分野」のビジネスで結果を出し成功を収めている人が存在します。

 

そして、彼らはこのような「四苦八苦しているスポーツ界を横目」に、自分の好きなスポーツを商品・サービスとして作り上げ、どんどんビジネスを成長させています。

なぜ、実績もなく、そしてキャリアもなく、大した資格を保有しているわけではないのにも関わらず、多くのスポーツ経営者を尻目にビジネスを拡大させる事ができているのか?

その秘密は、「スポーツを売るスキル」を学び、それを自分のビジネスに落とし込んだからです。それが共通点なのです。

先ほどもお伝えしまたが、本来、スポーツは売りづらいものです。そして、その売りづらいものを売ろうとするわけですから、あの手、この手で、お客さんに対して自分たちの商品を売り込もうとするはずです。

もちろん、商売ですからお客さんに対して売り込むという行為自体が悪いとは思いません。でも結局は、購入するのはお客さんの方なので、その売込みに対してお金を払う価値を感じなければ、購入しなければ良いだけだからです。

ですが、そもそも「売りづらいものを、売ろうとする行為」とは、押し売りになってしまうわけで、その効果は物凄く低いわけですね。

 

そのことはあなたも既に理解していると思います。

 

要するに、そうした押し売りは「数打ちゃ当たる戦法」ですから、当然、その労力と時間は物凄いわけですし、お金も凄くかかります。ここで言う「スポーツを売ろうとするから売れない」という理由は、それです。売れづらいのを承知で売っているからいけないのです。

ですから、スポーツビジネスで成果を出すためには、「売ろうとする」のではなく、相手に「欲しい」と思ってもらえるように一工夫する必要があるわけです。ですが、そう考えた際に、多くの人がやってしまう失敗があるのですが、欲しいと思ってもらうようにする為に「さらに、自分たちの良さをアピールしてしまう」と言う事です。

 

これだと、やっている事は結果的に押し売りと一緒ですから、状況は決して変わらないでしょう。

実際に、僕はこの事に気がついた後、秘密裏にこの方法についてクライアントに対して伝授しました。その人達は「スポーツを売るスキル」を身につけた事で、その業界では名の知れた存在になっています。

 

四ノ宮 祐介 様

起業後、半年で200名以上のクライアントを獲得

以前は病院勤務をしており、スポーツでのケガを予防するための体作り、医療と地域を繋ぎ、一般の方から子供達の夢の実現のためのサポートをしていく、スポーツ分野で活躍できるセラピストになりたいと起業を決心しました。そこで起業についてどんな準備が必要か、経営していくうえでどのように考えていけばいいか?など不安があり模索をしていました。そこで模索の中から「起業+スポーツ」というスポビジ大学をネットで知り、スポーツ分野での仕組みづくりは、ハード面だけではなくソフト面についてとても大切にされていました。スポーツや身体作りを商品としてどのように価値を与えていくのかなど、ビジネスの考え方を学ばせていただきました。

 

それから起業のスタートを順調に切ることができ、半年間で200名以上のクライアントからの依頼を受けることができました。普段の会話や伝え方に気を付けて、その方の思いをくみ取り、叶えていくためには、その方の周りにいる大切な方のためになるように心がけることで、口コミで広がるようになってきました。本当に感謝しています。

 

宮城さんは、自分の大切な人たちを幸せにするにはどうすればよいかを、すごく大切にしている方で、以前、僕の子供の行事と、宮城さん主催のセミナーが被ってしまった際に、遅れて参加しても良いか訪ねたところ、「家族をぜひ優先し、僕のセミナーには参加しないでください」と断られたこともありました。そういった考え方もすごく素敵だと思っています。メルマガや配信や動画などからも「思い」が伝わり、いつしか仕事としていく中で価値あるものを伝えていく見せ方、考え方が体系的に学べる場となっています。

 

戸川 俊輔 様
高額商品もセールス無しで販売する事に成功

私の会社での立場が上になったこともあり、悶々とビジネスについて悩む中、初めて宮城さんのプログラムを有料で受講しました。

専門家から意見・視点を頂くことの凄さを痛感したのが、宮城さんのプログラムを受けた時の率直な感想です。プログラム受講の中で文章の組み立て方、改行の仕方等、見やすさ、どうしたら顧客に響くメッセージを提供できるか?等きめ細かい所まで教えてくださいました。

正直、「ここまで情報出して良いのですか?」ぐらいのネタをバンバン提供してくれます。実際、他のコンサルタントの方のプログラムを受講した際に、費用100万近く費やしましたが、それを超える内容を提供し、ほぼ網羅していると感じました。現在進行形で進化している所も凄い。スポビジ大学のブログですら、かなりの情報量ですが、プログラムの中で宮城さんと関わることでかなりの事が自身の中で腑に落ちる事間違いなしです。

宮城さんのご指導の元作成した高単価付加価値プログラム(298,000円)もセールスなしで販売でき、お金に対するブロックが外れた事も大きな収穫になりました。本当に感謝しかないですね。

宮城 亮 様
家族全員でオフシーズンをハワイで過ごす時間的・金銭的余裕を得られる事に…

私はこれまで、いくつかのJリーグクラブで仕事をしてきました。その中でも管理職として勤めた経験もあり、とあるクラブでは三年連続J1.J2ホームタウン活動No.1と言う日本一の称号まで手にしました。また地域の総合型スポーツクラブなど地域スポーツの現場も数多く携わってきました。全国のクラブ関係者300名を集め、会議まで開催したほどです。しかし、どのスポーツビジネスの現場も、ただ地域に根差しただけでは食っていけませんでした。スポーツに価値はないのか?スポーツは慈善事業であって、食ってはいけないのか?とさえ思いました。そこで縋る様な思いでこのプログラムを受講しました。

このプログラムを受講する前は、我が子のオムツを買うことすらままならない状況でした。しかし今は家族全員でオフシーズンをハワイで過ごす時間的金銭的余裕も出てきました。もっと早くこのプログラムがあれば、何百万何千万もの勉強代を払う事はなかったと思います。それと比較した時、このプログラムがこの価格と言うタイミングが、どれだけチャンスなのかがわかると思います。

松林 由紀子 様
問題にしっかり向かわせてくれて優先順位や物事の考え方を教えてもらい決断と行動する力をもらいました。

宮城さんの話を聞く前に悩んでいた事は、まず一つは集客についてでした。何が正しくて何が正しくないのか、色々なフリーペーパーなども試してみたりしたけれど、とにかく出し続けようという曖昧な中で毎月が過ぎて行くことにモヤモヤしていました。また、スタジオを以前の場所から移動し、受付さんも、インストラクターも雇用する中で仕事は楽になるはずが忙しさが倍増!経営者としての自分の未熟さも痛感しながらも、やはりお客さんから必要とされている事に答えたいというプレーヤーと裏方(経営)の狭間で時間も無くて中途半端でどこから手をつけたらいいかわからない状態で悩んでました。

宮城さんとの出会いの後にはまず、自分の中の悩んで悩んで進めない所から、まず問題にしっかり向かわせてくれて優先順位や物事の考え方を教えてもらい決断と行動する力をもらいました。それが大きかったと思います。やっぱり経営者って結局、相談したとしても決めるのは自分。でも実際にスポーツ系ビジネスをされていて、プレーヤーもした経験があり、そこからスポーツの経営をされている人が周りにいなかったので全てが手探りだった所から宮城さんのこれまでの経験からのアドバイスで一つずつ決定して来た事で、売上もかなりあがりました。また、集客の方法も具体的に誰に、何を、どんな方法で、と具体的な課題に向けてやって来たとこで広告の反応率も上がったり、また上がらなかった事にも外れた!ではなく自分で、比較検討したりと神頼み!にならなくなりました。

地元でも「YUKIYOGA」というと「知ってます!」と言っていただける事も多くなったり、本当に私が来ていただきたいようなお客様に恵まれるようになりました。今後も家族や大切な友人達との時間も育みながら、仕事の成果を上げられるスタイルを目指しています

南部 真也 様
メディアで取り上げられたり、その実績としてどういう風に発信していくかも学べたので、一気に自分のブランドができてきました。

宮城さんと出会う以前までもマーケティングを学んではいましたが、スポーツの世界でどうやってこれを活かしていくのかという事に対して、うまく答えが出ずに悩んでいました。 ですが、宮城さんの考えに触れていくことでマーケティングの再勉強+スポーツ現場で使っていく方法がうまく結びついてきて、マーケティングということを学んでいたと感じてた自分が、「いかにできていないか」ということも思い知らされました。

宮城さんの元で教わった後での成果は、スポーツ食育メルマガ登録者数300人以上、スポーツサークル(有料)発足、述べ参加者数1000人以上。食サポートチームの追加決定。などなどいろんなことが起きました。 さらにはメディアで取り上げられたり、その実績としてどういう風に発信していくかも学べたので、一気に自分のブランドができてきました。地元では、プチ有名人になってきたのかも知れません。

今現在、スポーツ栄養士として少しづつ動くことができています。しかし、まだまだ少数派。今後は「スポーツと食」を広く浸透させていくために自分のジムを建てて、本当に食からスポーツで勝てる身体を作れる施設を設立予定です。「徳島に南部有り」と言われるような存在になれるよう今後も頑張ります

 

前田 佳奈 様

プログラムを受けてから会費収入が5倍に!

起業当初は、とにかくクラブの会員を増やすことだけを考えて、がむしゃらに働いていました。その後、クラブ会員は順調に増えていきましたが、手元に残るお金がなく、生活するのがやっとで正直辛かったですバイトを掛け持ちしながら、4,5時間の睡眠しかとっていない時もありました。 当時はそれでも、「好きなことを仕事にしている」ことが楽しかったですし、会員さんの笑顔に救われていました。

宮城さんのプログラムを受けてからの一番の変化は、収入が上がったことです。会費収入だと5倍以上です。値上げをしても会員数はさらに増え続け、新しく始めたサービスも売れました。そして、広告にお金をかけることができた時は、とても嬉しかったです。だって、寝ている間に商品が売れたんです。

それから、会員さんへプレゼントを贈ったり、クラブの備品も新品に買い換えることができ、今まで感謝を言う側だったのが、「ありがとう」や「LEADに出会えて人生が変わりました」と言われるようになりました。

実は来月、海外のバレーボールクラブへ視察に行きます。これは私がずっと「叶わない夢」だと思っていたことです。もし宮城さんに出会っていなかったら、こんなチャンスはきっと巡ってこなかったですし、海外視察という決断はできなかったと思います。 今後もスポーツで幸せになる人を増やすために、さらにクラブの利益を上げて、地元や子どもたちに還元していきたいです。

 

こんな例をあげたらキリがありませんが、どのビジネスも「スポーツを売る」というスキルを軸に、今まで「仕事にならない」と言われたきた分野で、どんどん成果を出してきました。しかも、お客さんに感謝されながら、独自のビジネスを築いてきているのです。

実際に、僕はこの方法を体系化したプログラムを39,800円(税込)でオンライン講座として販売して多くの人に提供してたのですが…。

 

その内容を今回、無料公開する事にしたのです。

理由1 スポーツビジネスの本質を変える革命的な知識を、多くのスポーツ経営者の方に知ってもらいたいから。

このオンライン講座で話している内容は、決して新しい概念ではなく、世界中で古くから語り継がれている「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」というマーケティング理論に基づき、それをスポーツに応用する形に落とし込んでお伝えしています。

このダイレクト・レスポンス・マーケティングという理論は、多くの中小企業が「大きな会社にも対等に渡り合える手法」という事で、日本の企業はおろか、世界中で取り入れられているのですが、不思議と日本のスポーツビジネス会には全くと言っていいほど導入されていません。

ですので、これを伝える事で、もっと日本のスポーツビジネス界に広めることがぼくらのミッションではないのかと思ったからです。

理由2 「スポーツを売るスキル」を身につけるためには、あなたのこれまでの常識を跳ね返す客観性が必要だから。

実は、スポーツを売るスキルを身につけるためには、大きな壁を超える必要があります・それは、スポーツビジネスという業界で特に多く存在している「商品至上主義」です。

これは、資格を取った方が成功するとか、実績があった方が価値があるというような誤解が生じる問題なのですが、確かに商品の質が素晴らしい事に越したことは無いのですが、それ以上に重要なのは、目の前のお客様について考えることです。

成功しないスポーツビジネスの特徴は総じて「自分たちよがりの価値」を相手に押し付けていますが、それでは相手に価値として伝わらないのです。

そうした事を引き起こさせないためにも、あなたのこれまでの価値観に対して「客観的」な視点でアドバイスできる存在が必要なのでは無いかと思い、僕らが力になれるのでは?と思ったわけです。

難しい専門用語は使わず、ビジネスを学び始める方にも分かりやすい、ダイレクトレスポンスマーケティングの基礎をしっかりと学べます。
他の業界の情報ではなく、スポーツに特化し、カスタマイズされた手法や戦略、成功事例などの情報が得られます。
こちらから売り込むのではなく、お客さんの方から集まってくる仕組みの作り方がが学べます。

 

これらの情報を手に入れることであなたは、経営を基礎から学び、マーケティングをスポーツビジネスに落とし込み、実践することで、今よりもビジネスを加速させることができるようになるでしょう。


宮城 哲郎
株式会社サンビリーフ 代表取締役
一般社団法人サンビスカス沖縄 代表理事
日本スポーツコンサルタント協会 代表

海外のマーケティング戦略を、日本のスポーツ業界に置き換え、独自のスポーツマーケティングを実践。スポーツ起業家、スポーツコンサルタントとして、国内外のスポーツビジネスのアドバイスを主業としている。

講演活動や電子書籍の出版、スポーツクラブへのコンサルティングをしながら、スポビジ大学でスポーツビジネスを学ぶ場を提供。これまでに1,000名以上のクライアントに対し、スポーツで生計を立てる為の方法を伝え、メルマガの読者は国内で3,000人を超える。また、自身も現役のスポーツクラブ経営者として、二つの会社を経営。幼児教育、発育発達に特化した「運動あそび」の普及を提唱し、全国の保育園幼稚園にもプログラムを導入すべく、フランチャイズを展開している。今後は、よりスポーツで稼ぐ人材を育成していくとともに、日本の地域スポーツビジネスの確立を目指す。

主な実績

  • 某大手スポーツクラブの会員システムを改善し、1期(3ヶ月)だけで1.3億円の売上高を達成。
  • スポーツ教室の販促物を改善し、1ヶ月で160%のコンバージョン増加を達成。
  • 海外クラブのスクール誘致でプロモーションを担当。リリース後一週間で定員98名を完売。
  • 立ち上げに携わった地域スポーツクラブは60社以上の実績。

 

※コンテンツと共に解説メールマガジンもお届けしますが、いつでも解除できます。

※ケータイメールでPCメールを受け取る設定はこちらをご覧ください。 

スポーツビジネス無料WEB講座
メールアドレス  *  ※以下のメールアドレスにはメールが届かない可能性があります。他のアドレスがございましたら、そちらからご登録をお願いします。『@icloud.com』 『@me.com』 『@mac.com』は届きません。hotmail、outllook.com のフリーメール、携帯アドレスへのメールの不達が多発しております。

※ 登録後、すぐに登録完了メールが配信されます。もしもメールが届いてない場合、迷惑メールに振分けられている可能性がありますのでご確認下さい。

コンテンツと共に解説メールマガジンもお届けしますが、いつでも解除できます。解除は毎回送信されるメールの中にリンクを設けてあります。、

※ご登録頂いた情報は弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理致します。

プライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応したフォームです。入力されたデータは暗号化が施されて安全に送信されます。


基本サービスのご案内

 

コンサルティング
講演・セミナー
オンライン教材
コンサルタントが御社に訪問し、経営に関する相談を致します
価格アップや経営に関するセミナー・講演・社員教育等
遠方でセミナーや講座に参加できない方向けのオンライン講座
1回40万円〜
1回10万円〜
3万円〜