トレーナー必見!幕の内弁当症候群に注意せよ!

パーソナルトレーナー集客

From:戸川 俊輔

 

あなたもご存知の幕の内弁当。幕の内弁当とは、全てを網羅した弁当であることは言うまでもありません。バランスよく食事を取りたい人がターゲットの幕の内弁当ですが、言ってしまえば、内容物にほとんど変化が無く、特別感がなく際立った面白みもなく、普通に味わい、何の感動もなく終わってしまうのが幕の内弁当です。笑

つまり、目立った「強み」がないのが幕の内弁当の特徴なわけですね。

 

なぜ僕が突然「幕の内弁当」の話をするのか。それは、多くのパーソナルトレーナーが、弁当業でいう「幕の内弁当」を「強み」としている場合が多いからです。

つまり、先ほど言った「目立った強み」がないことをウリにしている場合が多いというわけです。

 

全てを兼ね備えたトレーナーは注意が必要?

多くのトレーナーにみられる傾向として、多くの資格やスキルを持っているほうが良いと考えることが挙げられます。

 

例えば・・・

 

  • 腰痛改善も出来る
  • パフォーマンス向上もできる。
  • 〇〇の知恵を体現できる。
  • 〇〇式を実践できる。

 

上記の様に「全てを持ち合わせている風」のトレーナーは要注意です!

何故なら、自分のやりたい事しか考えていない、スキル志向に向き過ぎる可能性があり、一番重要な「お客さん」の悩みについて深く考えていない場合があるのです。

 

  • こんなにも有名資格を取ったから何でもできる。
  • 有名選手、芸能人をアドバイスしたから僕は影響力がある。
  • もとアスリートだから、俺は(私)凄い!
  • 有名研究機関で働いた実績があるから、もう大丈夫でしょ?

 

もちろん、他者からの力を借りる事を僕は否定しません。影響力のある人のお陰であなたが活かされているという発想があれば、あなたは良い意味で軌道に乗っているでしょう。

 

ですが、もしも、あなたが上記のような事ばかりを考えていたら危険な可能性があることをお伝えしておきます。

何故なら、今の時代、他者(お客さん)からはそれが丸見えになってしまうからです。

 

自分のやりたいこと、自慢できる資格だけを取得し、なんでもできるトレーナーになること。これこそが、「幕の内弁当症候群」と言われるものなのです。

 

おっと、自己紹介が遅れました

 

初めまして。

今月より、スポビジ大学執筆者に加わった戸川俊輔です。

愛知県稲沢市祖父江町という田舎町で活動しています。

 

僕は、柔道整復師であり、トレーナーとして活動しています。持っている資格は多数になりますので、ここでは割愛します。

 

冒頭から述べた注意事項。

 

実は、過去の僕自身がそうでした。

 

多数の技術・知識を兼ねそろえ、他資格、他実績を持ったことに僕自身が「出来るトレーナー」みたいに勘違いしていました。

 

10年以上の経験がある事を武器に僕は、情報を発信するのではなく、来店を待っている状態。

今思えば、来てもらえてあたり前の様な精神でお客さんと関わっていたような気がしています。※今でこそ大反省で、残念な僕でした(苦笑)

 

様々な挑戦を続けてきた僕でしたが、自分の予想と反し、集客の伸び悩み、売上の限界、薄利多売に疲れてきていました。

 

それもそのはず、自分事しか見えていなかったからです。

 

そんな中、コンサルタントの宮城さんとの出会いが僕自身を大きく変化させてくれました。

 

  • 幕の内弁当症候群ではなく、何か一つに特化してみて下さい。
  • 顧客目線で物事を捉えて下さい。
  • 戸川さんを「見える化」して下さい。

 

一番最初に、アドバイスを受けた時は、上記3つの事を教わりました。

 

そして自分自身が出来ていると思い込んでいただけで、他者からは全く出来ているように見えていなかったのです。

いかに自分が身勝手で至っていない存在であったか。いかに、お客さんのことを考えていなかったか。そんな事に気づかされました。

だからこそ、集客に悩み、売り上げの限界を感じ、薄利多売に疲れていたわけです。

 

そんな僕が、幕の内弁当症候群から脱却したのは、

 

  • 自分事にしかなっていなかった事を言葉に残した。
  • 他者目線で情報を受け取る事に注力した。
  • 伝える際に相手への意識を配慮し、自分事にしない様に気をつけた。

 

こうした事に、しっかり意識を向ける事が出来るようなり、売上も僕の人柄も変化していきました。

 

資格を売るのではなく、そこに関連する人の悩みは何か?

実績ではなく、実際の関わりで悩んでた人達は、どんな悩みがあり、どんな解決策を踏んでいったか?

自分事の経験を他者に伝える時に、自分の言葉で分かりやすく言語化しているか?

専門家ではあるけど、それを表に出し過ぎていないか?

 

これらをしっかり「見える化」する事に取り組んでいきました。

 

そんな中、一番意識したのは顧客に対して未来イメージを伝える事を言語で伝え、顧客に無意識にイメージを作り上げる発想を学び今では実践しています。

 

1人では何も出来ない。

他者の力を借りる事で個人が生きてくる。

 

その深い部分を学んだのが宮城さんのコンサルティングを受けた中で一番の発見でした。

 

  • 売上を増やす
  • 継続率を上げる。
  • 集客をする。

 

上記の方法は、具体的なやり方が存在します。

ただ、そのやり方を真似るだけでは、大きな成長、大きな成果に繋がっていきません。

 

何故なら、あなた自身の強みとストーリーが、真似するだけでは乗っからないからです。

 

その本質を学んだ宮城さんのコンサルタントとしての関わり方。

僕には大きな学びとなっています。

 

そんな学びの要素を分解して、今後個人で活動するパーソナルトレーナーや、ジム経営者に向けて、スポビジ大学でもお伝えしていこうと思います。

 

  • 田舎でありながら、売上100万をどのように継続して達成しているか?
  • 顧客継続率が何故良いのか?
  • 手に取りやすい体験商品(2000円程度)と高付加価値商品(50万以上)の価値観の違いとは何か?
  • ファン化する為の、意識コントロールを具体的にどう行うか?

 

今回の記事は、自己紹介を兼ねた僕の経験と宮城さんとの関係を少しお伝えしてみました。

次回の記事より抽象的ではなく具体的な方法として僕自身が失敗した事、成功体験したことをトレーナー目線、先生業目線でお伝えしていきます。

 

それでは、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

「スポーツで生計を立てる事は無理なのか…?」
そう思ったあなたへ…。

今すぐ、あなたが普段使っているメールアドレスを下記より入力し、「スポーツビジネスで集客がうまくいかない本当の理由」を知ってください。そして、今すぐスポーツビジネスで生計を立てていく為に必要な知識を手に入れてください。

今なら特典として、スポーツクラブ・スポーツ教室経営者のための「売れるチラシの作り方レポート」が無料ダウンロードできます!

↓ ↓

無料WEBセミナー「集客でうまくいかない本当の理由」

なお購読を辞めるのもメールに記載しているリンクをクリックするだけで簡単に辞めることができます。