地方のスポーツクラブの集客がうまくいかない理由

スポーツマーケティング

From:宮城奈津子

 

引きこもりに対して「自宅待機」が出されても特に日常は変わらないということに気がついた、新旧引きこもりの私です。

今日も家にいます。そろそろ「カーオフィス」を作ろうとワクワク考えています。引きこもりです。

 

さて、今日のテーマは「地域のスポーツクラブの集客がうまくいかない理由」についてお話をさせて頂きたいと思います。

 

 

スポーツクラブって本当に増えてきましたよね。

例えば、国が推奨している「総合型地域スポーツクラブ」でいえば全国におよそ3500クラブ以上あります。

もちろん、総合型地域スポーツクラブ以外のクラブも多く存在します。個人で活動されているクラブも含めると、全国でも5,000〜6,000クラブくらいはあるんじゃないでしょうか。

 

でも、地方のスポーツクラブはほとんど地域の人に知られていません。認知度が圧倒的に低いわけです。理由はいくつかありますが、一つ一つ考えていきましょう。

 

「スポーツクラブ」で検索する人がいない

 

そもそもですが、何かスポーツをしたいと考えたときに、「スポーツクラブ」で検索する人はなかなか少ないのが現状です。

なぜならば、スポーツというのは抽象的であり、具体的なものではないため、検索の対象とはならないわけです。

 

例えば、テニスをしたいのなら、「地名 テニス教室」と検索するはずですし、ヨガを習いたいのなら「地域 ヨガ」で検索します。

考えてみたら当然のことのようですが、スポーツクラブ経営者は自分ごととなると「客観視」できにくい部分がでちゃいます。

 

それなのに、多くのスポーツクラブでは、多種目・多思考を武器だと思い込んで(失礼)、スポーツクラブ売りをしてしまいます。

 

先日ポスティングされていたチラシには、「◯◯スポーツクラブに集まれ〜!」というヘッドラインで、30種目もの教室の案内や、講座の案内がポスティングされていました。

もちろん、一覧で紹介する事が悪いというわけではないのですが、これで集客を考えてい多のなら効率は最悪です。

 

だって、スポーツクラブに興味のある人はいません。なぜならば、スポーツクラブで検索する人がいないからです。笑

 

先ほども言った通り、お客さんは多くの種目を受けたいのではなく、興味がある種目の情報しかいらないわけなんです。

 

事業ごとにブランド化していく

 

では、スポーツクラブはどうやってPRすべきかなんですが。

これは結構シンプルで、教室や事業、ひとつひとつを、ブランド化していく必要があります。

 

例えばあなたがサッカースクールをやっているのであれば、まずは「サッカー教室ブランド」を作るべきです。チラシや広告でも「サッカー教室」の情報だけを掲載してください。

他人からみたら「このスポーツクラブは、サッカー教室のクラブなんだ」って思われるくらいがいいです。他の情報はいりません。

 

しかし、スポーツクラブの事業はひとつではないはずです。

例えば他にヨガ教室を開講しているのであれば、ヨガをひとつのブランドとして、ヨガ専用のインスタアカウントを取得したり、ヨガ教室だけのチラシや広告を作るべきです。

 

また、これを見てヨガ教室に入った人からすれば「ヨガのクラブなんだ」って思われます。でも、それでいいんです。

 

そうやって、ひとつひとつの教室の価値が認識されて初めて、「◯◯スポーツクラブ」という名前が認知されていくわけです。

最初から◯◯スポーツクラブに入会しませんか?と言われても、お客さんからすれば、選択肢が多すぎて、自分とは関係ないと思われてしまいます。

 

多種目、多思考の罠

 

お客さんの興味のある種目で引きつけておいて、後から「こういった教室もあるんですが、いかがですか?」となると、最初は興味がなかったお客さんでも、信頼関係が構築できた後であれば、他の種目も試してみようかな?という気になります。

 

これは地域クラブに起こりやすい、多種目・多思考の罠です。

誰でも、いつでも、どこでもというものは、売り手が良かれと思っているだけで、お客さんにとってはただの付加価値でしかありません。

それを一番の強みに持っていくと、どうもボンヤリしてしまって、誰にも響かない広告になってしまいます。

 

なので、地域クラブは、スポーツクラブという幅広い集客をするのではなく、それぞれの教室をまず埋めるための広報戦略を立ててください。

そのためには、まず一つ一つの教室に絞って集客すること、広告を出すこと、情報を提供すること。これをぜひ意識してみてください。

 

もちろん、人気のある教室と、人気のない教室も出てくると思います。

その際は、期限を決めて、「〜ヶ月で黒字化できない場合は〜する」というルールを決めてもいいかもしれません。

それはお客さんのニーズがない証拠ともいえますからね。だからこそ、テストです。

 

まずはある一定期間、集中して集客し、広報活動を行う。そして、ニーズをしっかりと見極めて、継続してブランド化していく事業なのか、それとも切り捨てて他のニーズのある事業を探すのか。

 

そうやって地方のスポーツクラブは、地方のニーズに合わせて経営していくことをお勧めしますよ?

 

それでは、今回の記事はこのへんで!

 

 

スポーツビジネスの実験をもっとみたい?

スポビジアカデミーでは、宮城がスポーツビジネスに関する実験を日々行っている様子を知ることができます。

もしも他の実験にも興味がある方は、ぜひこの機会にメンバーに参加しませんか?

 

ということで、詳しい中身は
以下のページでご確認ください!

↓ ↓

スポビジアカデミー4月入会者募集!!