続けることが「定着」の鍵!

イベント企画の作り方

From:知念諒

 

先日、首里城が火事で焼けてしまうという悲しいニュースがありましたね。首里城のすぐ近くの高校に通っていた私としては、首里城は身近であり、そしてたくさんの思い出がある場所でした。

そんな首里城が1日でも早く復元されるように、微力ながら支援していきたいと思います!

 

さて、今回のテーマは、「続けることが定着の鍵!」ということについてお話したいと思います!

 

定着するには時間がかかる

 

あなたは、

 

  • 新しいことを始めたのに会員さんから何の反応もなかった
  • 新しいイベントを始めたけど人が集まらなかった
  • 新しいサービスを始めたのに、お客様からの反応がイマイチだった

という経験はないでしょうか?

 

新しいことを始めてみたのにお客様や会員さんからの反応があまりないと「これはやっていても意味がないな。」「反応がないからやめよう」とネガティブな方向に考えてしまうと思います。

 

実は、私たちのクラブでもこんな経験がありました。

 

それは、「お友達紹介キャンペーン」という企画を行った時でした。会員さんであるスクール生にお友達を紹介する用のクーポンを渡し、「お友達でサッカーやりたい!っていうお友達や一緒にサッカーをしたいお友達がいたらこのクーポンを渡して一緒に参加してね!」と声をかけ、約200枚のクーポンを配布しました。

 

しかし、そのクーポンで体験に来たのは、僅か数件。そのため、私は「このキャンペーンはあまり効果がないのかな。」と正直思っていました。

 

しかし、私のその考えはあまりにも浅はかでした。

なぜなら、このキャンペーンを3〜4ヶ月に一度、定期的に行っていると、徐々に子どもたちがお友達を紹介して一緒に体験に参加するようになってきたのです。

 

そして、さらに続けていくと、今度は子供達だけでなく保護者の方から「次のお友達紹介キャンペーンはいつですか?」「お友達を紹介したいのですが、お友達紹介クーポンをいただけますか?」という質問が来るようになりました。

 

このように、1回目や2回目には「あまり効果がないな」と思っても、続けることで会員さやお客様の中に「定着」して行き、定着することで大きな効果を出すこともあります。

 

 

定着することで効果が出てくる!

 

今回の場合で言うと、

 

①サンビスカス沖縄では、お友達を紹介するキャンペーンがある

②お友達が入会すると紹介してくれた子にも特典がある

 

と言うことが定着し、定着することで「サッカーをやりたい」というお友達が現れた時に「そういえば、うちのクラブは紹介キャンペーンしていたな。紹介クーポンで誘ってみよう!」と紹介しやすくなるのです。

 

要は、定着することでアンテナが張り巡らされるイメージです。アンテナが張り巡らされることで、それに合ったものに出会うと思わず反応してしまいますよね?

 

このように、定着をさせてアンテナを張り巡らせるようにすることが大事です。

 

では具体的に、どうやって定着させたら良いのでしょうか?

 

 

定着させる方法

 

当たり前だと言われるかもしれませんが定着させるのに一番大切なことは、とにかく「続ける」ことです。

 

しかし、これがなかなか難しい。

なぜかというと先ほどもお話したように、初めのうちは反応が少なく、「効果があるのか?」「意味があるのか?」と不安になるからです。そのため、目に見える効果がなくても「続ける」ということが大切になります。

 

次にポイントとなるのは、「アナウンス」です。

 

例えば、先ほどの「お友達紹介キャンペーン」でいうと、何度も、何度もクーポンを配布しているので説明を省きがちになります。

 

しかし、毎回必ずしっかりと

 

  • 何のためのクーポンなのか?
  • どんな使い方ができるのか?
  • どんな特典があるのか?

 

をくりかえし、くりかえし、説明するのです。

 

そうすることで、1回目の時には何となく聞いていた子どもや保護者も、2回、3回と聞いていると「このクーポン使える!」「今だったら紹介したい人がいる!」となります。

 

もし、説明をするときに子どもたちが「お友達紹介クーポンでしょ!分かるよ!」などと話をしてきたら定着しているサインです!(笑)

 

 

もちろん撤退することも必要!

 

とは言っても、何でも続けていれば「定着」するとは限りません。そして、定着したからと言って効果が出るとは限りません。

 

例えば、

 

  • 費用が回収できそうにない。
  • 定着しても意味(効果)がない
  • 定着しても負担が大きい
  • 回収するまでに長い時間がかかる

 

という場合には、撤退をすることも大切です。

 

そのため、特にコストがかかる場合には、撤退をするときの目安や期限を決めるようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?今回のブログで

 

「続けることで定着し、定着することで大きな効果を生むことができる」

 

ということがお分かり頂けたのであれば幸いです。

 

ぜひ、何か新しいことを初める時には定着をするための方法や定着し効果が高まるまでの期間も踏まえて考えて頂けたらと思います。

 

 

「スポーツで生計を立てる事は無理なのか…?」
そう思ったあなたへ…。

今すぐ、あなたが普段使っているメールアドレスを下記より入力し、「スポーツビジネスで集客がうまくいかない本当の理由」を知ってください。そして、今すぐスポーツビジネスで生計を立てていく為に必要な知識を手に入れてください。

今なら特典として、スポーツクラブ・スポーツ教室経営者のための「売れるチラシの作り方レポート」が無料ダウンロードできます!

↓ ↓

無料WEBセミナー「集客でうまくいかない本当の理由」

なお購読を辞めるのもメールに記載しているリンクをクリックするだけで簡単に辞めることができます。