感情を動かすポイントを探せ

スポーツコミュニティの作り方

From:古田 優

 

最近、毎日Zoomを使用した飲み会や交流会、MTGが重なり、なんだかんだやることが多い日々が続いています。普段は実際に会って行っていたことが家でできてしまう。ものすごく便利な世の中だなと痛感しています。

 

しかし、ここまで自粛ムードが続いてしまうと正直、家にこもりっぱなしで身も心も削られてしまっていませんか?

 

ちなみに私は結構、削られています。

だって、やろうとしていたことが全てできなくなってしまったし、スポーツをして心技体全てのパフォーマンスをあげていたのに、それができないとなるとパフォーマンスはどうしても下がりがちになってしまいます。それは仕事でも同じ。

 

でも、そんな自分のパフォーマンスを少しでもあげようと行っていることがあります。

それは、朝起きて好きな映画を見ることです。

 

今はレンタルショップに行かずとも家で観られるツールがたくさんありますから、気軽に観ることができますね。(※ちなみに4種類のアプリを契約しています。笑)

 

 

私がなぜ、映画を観ると自分のパフォーマンスが上がり、仕事や作業が捗るのか。

 

それは映画を見ることによって「感情がプラスに動かされている」からです。

 

感情がプラスに動かされると、「よし、頑張ろう!」と前向きな気持ちになるため、自然と行動へ移したくなるのです。

 

あなたもこのような経験はありませんか?

 

例えば・・・

大好きなスポーツ選手の生い立ちや努力してきたストーリーを聞いて、自分もあの選手みたいに頑張ろう!と練習に力が入ったこととか。

 

かっこいいキャッチコピーに惹かれて、そのブランドの商品をたくさん購入してしまったとか。

 

 

このように感情がプラスに動かされると、人はそれに惹かれて好きになったり、自分もやってみようと動きたくなるのです。

 

これってスポーツを提供するうえでも大切だと思いませんか?

 

「このスポーツをやってみたい」

「この選手を応援したい」

そう思ってもらうためには“どうやって感情をプラスに動かすのか”を忘れてはいけません。

 

感情を動かすポイントを探せ

 

最近、スポーツ界では「エンタメ要素」を取り入れています。

 

Bリーグではコートをスクリーンにして選手紹介をしていますし、マイナースポーツとされているフェンシングでは、去年の全日本選手権大会に観戦者が声を出して参加するミニゲームをしていました。

 

さらにまだまだ認知度の低いパラスポーツや、マイナースポーツの関係者も揃って「エンタメ要素」が必要だと言っています。

 

その理由の1つは「エンタメ要素は、感情を動かすことができる」ということ。

 

もちろん競技自体で感情を動かすことも可能ですが、さらに感情を動かすポイントを増やすことで、そのスポーツを好きになってもらい、大会観戦や競技体験へと動いてもらうということを考え、エンタメを取り入れているのです。

 

あなたも、そのスポーツをやっているのは感情を動かされたからではありませんか?

 

日本代表の試合を生で観戦して、勝利した瞬間に興奮したからそのスポーツを始めたという人もいれば、あまりこのスポーツが好きではなかったけど、スポーツ漫画を読んで感動して生観戦しに行った人もいますよね。

 

感情が動いた瞬間こそ、そのスポーツへハマる瞬間と言えるわけです。

 

ちなみに私がチュックボールにハマった瞬間は、乱れたボールをキャッチしチームを救ったたった1プレイがきっかけです。

 

ファインプレーをしたことで周りがどよめく感じと、仲間が寄ってきてハイタッチしたあの瞬間がめちゃくちゃ気持ちよくて、その結果今も続けていますし、多くの人にチュックボールの面白さを伝えたいと思って活動しています。

 

 

このように、どの瞬間で感情が動くのは人それぞれです。

かっこいいプレイなのか、勝利の瞬間なのか。それとも選手やチームの努力してきた過程なのか。

感情が動くポイントはたくさんあります。

 

「あなたのスポーツのどの部分が人の感情を動かすことができるのか。」

「あなたのスポーツでどうやって感情を動かしていくのか。」

 

これを、ぜひ考えてみてください。

その感情を動かせるエンタメ要素を取り入れることができれば、あなたのスポーツに惹かれる人が今よりももっと増えると思いますよ。

 

応援しています!

 

「スポーツで生計を立てる事は無理なのか…?」
そう思ったあなたへ…。

今すぐ、あなたが普段使っているメールアドレスを下記より入力し、そして、今すぐスポーツビジネスで生計を立てていく為に必要な知識を手に入れてください。

今なら5つの無料特典が手に入ります!

↓ ↓

スポーツで堂々と食えるようになる為の方法を無料で手にいれる

なお購読を辞めるのもメールに記載しているリンクをクリックするだけで簡単に辞めることができます。