自分の常識は一回疑うべし

スポーツ起業の仕方

From:宮城奈津子

 

最近、ざるそばが「低GI値」食品だということを知り、毎日お昼ご飯はざるそばを食べていました。(※低GI値食品とは糖質の吸収が穏やかな食品のこと。つまり、ダイエットに効果的な食品ということです!)

 

ざる蕎麦って、昔から好きでよく食べていたのですが、ダイエットにも有効と聞くと尚更美味しく感じてしまって、もう毎食ざる蕎麦で良いなぁと思っていました。笑

 

しかし、ある日ふとインスタを見ていたら・・・

 

「市販で売られている「ざるそば」のほとんどは、小麦粉でつくられている」

という記事が目に飛び込んできたのです。

 

さらに、記事の続きを読んでみると、「裏に書いてある成分表を見て、最初に小麦粉がきていたら、それはざる蕎麦ではなく、うどんです!」と。

 

いやー。そんなことあるかいな。

 

そう言って私はいつも行く近所のスーパーで、ざるそばの乾麺を手に取り、恐る恐る裏に書いてある成分表を見てみました。

 

品名:ざるそば

原材料:小麦粉

 

↑本当でした。

 

とはいえ、まさかと思って他の棚にある「ざるそば」の表示を見たら、ほとんど(9割)が小麦粉で作られているではありませんか!

 

私が毎日ニコニコして食べていたのは「ざるそば」ではなく『うどん』だったんです。(どーりで痩せないと思った ←)

 

あのまま知らずに「ざるそば」をダイエットだと思って食べていたら、私はどんどん太っていたことでしょう。(だって食べてるのうどんだもん。そりゃ美味しいよね。)

 

 

しかし、なぜ私が突然こんなことを書いたのか。

それには理由があります。

 

それは、この「ざるそば」のくだりのように、あなたにも意識してもいなかった「常識」があるはずです。

 

常識って、基本疑わないんですよね。

だって自分の中では、当たり前だと思っているから。(勝手にw)

 

もちろん、私が「ざるそば」は『蕎麦粉』でのみ作られていると言う認識でしたが、専門家に取っては「いやいや、ざるそばは、そば粉に小麦粉を混ぜるのが当然じゃろ!」と言う常識がありますからね。(このエピソードいる?)

 

この世の中の常識って、結構簡単に覆されていて。常識をアップデートしないでいると、本当に痛い目を見ます。常識のアップデートとは、要するに知識ですね。歴史とともに知識を積みかさねて更新していかないと、置いてきぼりになっちゃうわけです。

 

 

定期預金の金利が12%もあった日本

 

あなたのお父さんやお母さん世代の人たち、もしくはおじいちゃんおばあちゃんの時代には、日本の金利は凄まじいものでした。年代で言うと1970年代から1980年代くらいまででしょうか。ゆうちょに至ってはなんと定期預金12%の時代があったんです。

 

農林中金総合研究所 組合金融 2001年春号 p.10より引用

 

銀行にお金を預けていたら、4%〜6%は勝手に増えていた時代です。単純な話、1000万円銀行に預けたら1年で1060万円になっているというわけです。(コカ・コーラの配当より高いがな!)

 

しかし、現代はどうでしょう。

銀行に貯金していたとしても、たったの0.003%とか。

 

そうです、もはや常識が変わっているんですよね。

 

私たち親世代は「とにかく貯金しなさい!」が口癖のような感じでした。だって、銀行にお金を預けていたら、儲かった時代でしたからね。それは当然です。

 

でも今は当然ですが、貯金では稼げません。笑

 

だとしたら、あなたが得た報酬を、一体何に使うか?によって、お金が増えていくのか、減っていくのか、もしくは価値が上がるのか、価値が目減りしていくのかが決まってくるわけなんですよね。

 

自ら低金利を選んでませんか?

 

それはお金だけではなく、時間も同じです。

これまでは、長く会社にいたら、勝手に報酬がもらえていた時代。でも、リモートワークが常識になったら?なぜ大手企業が上の世代を退職させようとしているのでしょうか。多くの方は、もう気がついています。

 

雇用よりも外注、初心者よりも専門家。自分の持つ資産を、よりフラットに、安全に、生産性の高いものに使いたいと思うのは当然です。(昔の貯金のように)

 

今後のビジネスは、こう言った観点から設計して行った方が良さそうです。

 

あなたの事業は、あなた自身の価値を高めてくれる物でしょうか?

ずっとその作業をし続けることで、あなたの価値が増え続ける物でしょうか?

 

0.003%の低金利を、選択してはいませんか?

 

 

 

・・・。

 

 

「ざるそば」のくだりからなんだよこの記事ーって思った人すみません。

 

 

ただ、大事なことだと思ったので、あなたにもシェアさせていただきました。

 

「コレが常識」って言うものはないとは思いますが、常識という自分だけの枠組みの中にいると、うっかり損をしてしまうことってあるよね?ってことです。笑

 

なので、ぜひこの機会に、今一度あなた自身の「常識」について、考えて見て欲しいなぁと思います。

 

それでは、今回はこの辺で!

 

 

スポーツビジネスで「売るスキル」を習得したい?それなら。。。

今すぐ、あなたが普段使っているメールアドレスを下記より入力し、そして、今すぐスポーツビジネスで生計を立てていく為に必要な知識を手に入れてください。

今ならスポーツビジネスに役立つ5つの無料特典が手に入ります!!

↓ ↓

 

購読を辞めるのもメールに記載しているリンクをクリックするだけで簡単に辞めることができます。