【クライアントインタビュー】仲宗根明志様

沖縄県沖縄市で漢方薬を取り扱っている「シンプルライフ」店長の仲宗根様。今回のインタビューでは実店舗にお客さんを集めるためのマーケティング戦略と、実際に取り組んだ具体的な内容についてお話を伺ってきました。「健康」というテーマで、どうお客さんに喜んでもらうべきか、そして高額な商品にも関わらず、お客さんが絶えない理由とはなんなのか。そんな仲宗根さんの秘密に迫ります!!

 

 

宮城:今回は漢方薬を取り扱っております、シンプルライフさんにクライアント訪問ということでお伺いさせて頂きました。シンプルライフ代表の仲宗根明志さんです。本日はどうぞよろしくお願いします。

 

仲宗根:はい。よろしくお願いします。

 

宮城: まずは知らない方のほうが多いと思いますので、簡単な自己紹介と、どんなビジネスをされているのかを教えて頂けますか?

 

仲宗根:沖縄県沖縄市で漢方薬を中心とした小売業をやっています、シンプルライフの仲宗根明志と申します。基本、漢方薬を中心とした商品を販売していますが、今はファスティングのプログラムの販売をメインにやっていて、具体的に何を売っているかっていうのは、実際店舗に来て相談しないとわからないようなものが多いですね。

 

人によって体質とか症状など、そういったものを実際に診断しながら、その人の体質にあった体質改善、とくにうちでは不妊とか産前産後、そういったもののサポートをメインにやっています。

 

宮城:店舗に来店されるお客さまの特徴や構成、年齢層などはどうですか?

 

仲宗根:約半数は「不妊」か「産前産後のケア」です。あと3割ぐらいが、体のことでお困りの方ですね。あとの2割がファスティングといった形です。客層的には30代~40代がずば抜けていて、少し50代~60代がいる。ただ、9割は女性なんです。

 

 

宮城:個人的なイメージとして、こういう体質改善とか健康の分野って、シニア世代に意識があるのかなって思ってたんです。でも、仲宗根さんの現状を見ていると、僕らのような同世代の方がどんどん来られていますよね。

 

仲宗根:はい。でも当初は宮城さんがおっしゃったような、高齢者層をターゲットとしていたんですよ。なぜかというと、以前僕がやっていた店舗の客層は年齢が高かったから。でも、実際そういった年代って、車が乗れなくなって来られなくなるパターンが多くて、あとは退職したら前ほど体調悪くないとか疲れないというパターンも実際にあるんです。十分に休める時間があるので必要性がなくなったりとかですね。

 

宮城:ライフスタイルとかの変化で来店したりしなかったりするという。

 

仲宗根:今、シニア世代の産業も流行ってはいますけど、やっぱり僕と妻の考えとしては、今後僕らが付き合って行く人は

 

どういった人なのか、どういった人と付き合いたいのかっていうことを考えたときに、やっぱり同世代のほうが気持ちもわかりますし、実際に子供が欲しいけどできなくて、すごく苦しんでいる人が多かったんです。たまたま僕がそういった不妊の方を診たときに、すごく喜んでくれたことも嬉しくて。

 

それに僕も感銘を受けて、そういったことを力に入れて、同世代の人たちの手助けになればという気持ちが強くなりました。将来的な面でも、そうなれば僕らと一緒に年を重ねていく。同じような悩みが出てくるというのでも長く付き合いやすいのかなと感じました。

 

宮城:逆に同じ価値観の人たちをお客さんにすることで、うまく回り出したっていう印象もありますか。

 

仲宗根:はい、ありますね。実際同じ業界では無理だっていう、ちょっとタブー視されていたんですよ。漢方薬は若い人飲まないとか、若い人はお金を出さないっていうイメージ。

ただ、その「お金出さない」っていうのは、僕の前のお店でいるときは正直あったんですよ。同じ世代で。それで、やっぱり安くで広めることがいいのかと悩んでいたんです。

 

そんな時に宮城さんのコンサルを受けて、そこの考えが全くガラッと変わったし、逆に今は前居たときのお店よりも、今ここに来ている人のほうが顧客単価も高い。年齢は随分若いのにですよ?笑

 

宮城:仲宗根さんの場合、業界から言わせれば、若い世代がお金を出すことはないよという、非常識なところで成功しているじゃないですか。その業界では無理だって言われていた中で、ちゃんと価値を感じて出してもらっている要因ってなんでしょうか。

 

仲宗根:一番感じるのは、やっぱり今、いろんな情報が簡単に手に入るじゃないですか。ネットで情報は入るんだけど、やっぱりみんなすごく迷っていますよね。安心感がない。それが自分に合っているかも分からないとか。

 

例えばうちがメインとしている不妊とか、そういったものでも、病院に行っていろんな高度な治療はあっても、ちゃんと話を聞いて体を見てくれる人がいなかったり。

 

治療だけが勝手に進んでいくっていう中で、やはりその人が「どういうふうにしたい」のか。「どうなりたいのか」っていう部分をちゃんと聞いてあげることっていうのが一番大切だと思っています。

 

実際、来店してくれているお客さんたちは、聞いてあげることに対して凄く喜んでいると思いますし、やっぱりそれを受けて金額的な面とかもあまり気にしてないような感じがありますね。

 

電話で「いくらぐらいしますか」って問い合わせがきたときに、「大体2万円ぐらいから」という話をしたら、「えっ!高い!」っていう人もいるんです。笑

 

それでも一度話を聞きたい。相談だけでもしたいといって来店してくれる。そういった人ほど4~5万円の商品を買ってくれたり。

 

だからやっぱり実際に来店して、話を聞いたら「本当の価値」を感じてくれるというのがすごくあるのかなとは思います。宮城さんに言われた通り、とにかくまず来店に促すことだけ集中していましたからね。笑

 

宮城:そうですよね。実際スポーツとかでも高額なお金をかけるほどではない商品に対しても、価値を見出せることができれば、高いお金を払って買ってくれるお客さまがいるじゃないですか。

仲宗根さんの感覚の中で、高額であったとしても商品を購入してくれる要素というものがあれば、マガジンの読者にもヒントになるのかなって思うんですけど。

 

仲宗根:そうですね。一番はやっぱり・・・

 

インタビューの途中ですが、今回はこの辺で!もしも続きを読みたい!という方は、ぜひサンビリーフマガジンの定期購読にお申し込みを!毎月スポーツビジネスに役立つ情報が、あなたのお手元に届きます。

※仲宗根さんのインタビュー記事の全文は、8月号のサンビリーフマガジンに掲載しております!

毎月980円の投資で成果実証済みのスポーツビジネスに役立つ情報を入手する。

サンビリーフマガジンの定期購読は以下から。

↓ ↓

サンビリーフマガジン定期購読ページを確認する

 

 

 

●仲宗根さんの経営されている「シンプルライフ」店舗情報

SIMPLE LIFE シンプルライフ

「カラダを芯から考える」をコンセプトに、ファスティング、不妊・産前産後といった女性特有の疾患も扱う漢方のスペシャリスト。リラックスした空間でしっかりとお客様と向き合い、会話の中から、一人一人の症状に応じた処方をしてくれます。生薬をそのまま薬膳としていただけるものや、サプリのように気軽に飲める漢方も多数取り扱っております。ご来店いただいた方は、その方にあったお茶を試飲していただけます。

〒904-0022沖縄県沖縄市園田2-19-16 1F
TEL:098-975-6305 営業時間:10時〜19時 
定休日:水・日・祝祭日
HP:http://simplelife.okinawa