総合型地域スポーツクラブにオススメしたいビジネス戦略

知念諒の記事一覧

From:知念 諒

 

今では、全国に約3500クラブある総合型地域スポーツクラブですが、あなたは、総合型地域スポーツクラブというものをご存知でしょうか??

 

総合型地域スポーツクラブとは、人々が身近な地域でスポーツに親しむことのできる新しいタイプのスポーツクラブで、多世代・多種目・多思考という特徴をもち、地域住民が自主的・主体的に運営するクラブを言います。(※スポーツ庁資料参照)

 

先ほどもお話しした通り、全国では3500クラブほどあるとされており、各地域でスポーツの振興やスポーツを通じた地域づくり、街づくりなど地域スポーツの担い手という役割を持っています。

 

そんな総合型地域スポーツクラブですが、当然、クラブを運営していく以上、お金が必要になってきます。

 

そうなると、やはりしっかりとしたビジネスの戦略を立て、活動することが重要なのです!

 

そこで今回は、「総合型地域スポーツクラブにオススメしたいビジネス戦略」についてお話ししたいと思います!

 

総合型スポーツクラブにオススメの戦略とは

 

以前にもスポビジ大学のブログで、ビジネス戦略のパターンについてご紹介させて頂きました。

差別化をはかる時の3つの戦略

 

 

この、ビジネス戦略には、

 

  1. 大手型戦略(業務の卓越性戦略)
  2. 職人・こだわり型戦略(商品の優位性戦略)
  3. 関係性・密着型戦略(顧客との親密性戦略)

 

の3つあります!

 

大手型戦略とは、「早い!安い!便利!」といった価値を提供する戦略で、そのため資本力のある大企業が行うような薄利多売方式でビジネスを行う戦略です。

 

職人・こだわり型の戦略とは、職人さんや技術者(開発者)が、とことんまでこだわり、追求して作った商品やサービスなど、より良い商品やサービスを販売する戦略です。

特徴としては、高価、高級、希少と言った特徴があります。

 

関係性・密着型戦略とは、お客様に対して密着し、顧客のニーズに応え、顧客との関係性を価値として商品やサービスを販売する戦略です。

 

 

その3つの戦略の中で、私が総合型地域スポークラブにオススメしたい戦略が

 

関係性・密着型戦略

 

です。

 

 

関係性・密着型戦略がオススメな理由

 

なぜ、私が総合型地域スポーツクラブのビジネス戦略として「関係性・密着型の戦略」がオススメなのかをお話したいと思います。

 

まず、大手型戦略は、安価で大量の人を集めることで利益を上げ戦略です。

そのためスポーツクラブの教室で考えると、「安くで一度に多くの生徒を集めて指導を行う」方法ということになるので、そうなってくるとかなりの広さがある場所が必要になってきます。

 

しかし、多くの総合型地域スポーツクラブの場合、地域の体育施設や小中学校の体育館などをお借りしていることが多く、その教室のキャパが決まってしまうため、一度に多くの人を指導をするにしても限界があります。(ましてや今の時期はコロナのこともあるので、一度に多くの人を集めることさえリスキーになってしまいます。)

 

 

また、一度に大量の人を集める必要があるので、その分集客を行うための広告費も多く必要になってきます。

広告をかけるにも多くのお金が必要となるため、大手のように大量の資本がなければ毎月続けて広告を出していくことも、難しくなってしまいます。

 

 

次に、職人・こだわり型ビジネスで考えてみたいと思います。

職人・こだわり型ビジネスは、お客様のニーズに答えるのではなく、自分の売りたい商品、自分が良いと思っている最高級な商品を販売することで、利益を上げていくビジネス戦略です。

 

高級であるために、お客様の購入のハードルも高く、顧客のニーズに合わせた商品ではないため、あなたの売りたい商品、あなたが良いと思っている商品を購入してくれるターゲットが多くいれば良いですが、地域という限られた場所で考えると、その数も少なくなってしまいます。

 

最後に関係性・密着型の戦略で考えてみたいと思います。

関係性・密着型戦略は、顧客のニーズに応えたり、顧客に密着することで関係性を築くことで、利益をあげる戦略です。

 

スポーツクラブで考えると、クラブに入会した顧客との関係性を商品やフォローアップを通して築いていき、顧客が長くあなたのクラブに在籍したり、中には友人や知人に紹介して新規集客をしてくださる方もおり、そうすることで利益を上げるような形です。

 

総合型地域スポーツクラブの多くは、大企業のようにたくさんの資本(お金)を持っているわけではないと思いますし、大きな施設を持っているわけではないと思います。

 

そのため、一度入会してもらった方に長く在籍してもらうことができるような関係づくりを行い、そしてあなたのクラブのファンになった方が、紹介をして新たなお客様が入会する。というような、流れを作りやすい、関係性・密着型のビジネスモデル戦略が総合型地域スポーツクラブのビジネス戦略としてオススメだと私は思います。

 

もちろん、大手型の戦略や職人・こだわり型の戦略ではできない!ダメだ!と言っているわけでなく、その方法で上手く行っているクラブもあると思います。

 

もしもあなたが

  • これから新たにクラブを創っていたい。
  • クラブは設立しているけど、上手く利益を上げることができていない。

 

というのであれば、ぜひ今回のブログを参考にしながら考えてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今回はこの辺で!

 

 

PS  スポーツビジネスについてもっと詳しく学びたいのなら

今すぐ、あなたが普段使っているメールアドレスを下記より入力し、そして、今すぐスポーツビジネスで生計を立てていく為に必要な知識を手に入れてください。

今ならスポーツビジネスに役立つ5つの無料特典が手に入ります!!

 

 

なお購読を辞めるのもメールに記載しているリンクをクリックするだけで簡単に辞めることができます。