スポーツでは食べていけない、なんて誰が決めた!?

スポーツコミュニティの作り方

 

From:前田佳奈

 

こんにちは!日本スポーツコンサルタント協会の前田佳奈(マエダカナ)です。

 

平成時代も残りわずかですね。

 

スポーツはこの30年で、大きな変化と飛躍をとげたと思います。

 

平成と同い年の私の、

長いようで短い30年間でも、多くの「常識」が変わりました。

 

 

例えば、

 

  • 練習中は水を飲んではいけない
  • ジャンプ力にはウサギ跳び
  • 突き指したら、指を引っ張れ

 

このようなことが当たり前でした。(今考えると恐ろしいです。)

 

 

歴史も変わりましたね!

 

「1192(いい国)作ろう鎌倉幕府」は『1185(いい箱)作ろう鎌倉幕府』になりました。

 

「My name is 性/名」でペケ×がついたのが、今ではどっちでもいいそうです。

 

 

アインシュタインはこう言っています。

 

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである

 

 

もしかすると、

私たちが信じて大切にしている常識は、さほど常識ではないかもしれません。

 

あなたの「普通」は、非常識かもしれません。

 

 

「フツー」を疑ってみる

 

きっとあなたの身のまわりには、多くの常識があると思いますが、スポーツ起業を成功させたければ、「業界の常識」を一度疑う必要があります。

 

物事を、感情や価値観で判断することなく、『事実』を見つめるのです。

 

 

私のまわりには、こんな説がありました。

 

・スポーツはボランティア(無料サービス)が普通。会費をとるなんて何事だ。

・石川県はバレーボール人口が減っているから、バレーボール教室には人が集まらない。

 

このようなことを業界問わず、いろんな人が言っていましたし、直接言われたこともありました。

 

普通に考えて…

常識で判断して…と。

 

 

私はたまに、あまのじゃくなところがあるので、真逆のことを言いきっていたスポビジ大学の記事に、きっと救われたのだと思います!

 

『本当にそうなのか?』

 

私はまわりで言われている「通説」に疑問を抱き、過去10年間のバレーボール人口の推移を調査しました。

 

確かに石川県では、あるカテゴリ(年代)ではチーム数・競技人口ともに減少し、ここ数年は全国でもワースト3位に入っていましたが、一部のカテゴリ(年代)では競技人口が増えていることが判明したのです。

 

 

ですが、この数字だけで判断してはいけません。

 

 

この調査は、日本バレーボール協会に登録している人数なので、例えば、チーム・個人登録をせずにバレーボールを楽しんでいる人もたくさんいるはずです。

 

(私自身、登録せずに活動していた地域クラブチームに約10年間所属し、週1で練習をして地元の試合に出ていましたからね。)

 

 

 

そして、もう一つ重大なことがあります。

 

そもそも「バレーボール人口」って、競技をやっている人だけが当てはまるのでしょうか?

 

 

  • バレーボールは知っているけど、体験したことのない人
  • 昔やっていたけど、今はしていない人
  • 子どもがバレーをしている、という保護者
  • 興味があって、やってみたい人
  • 試合を観戦したことがある人など

 

もちろん見込客の数字は入っていませんし、さらに広い視野で「スポーツ」「教育」「子育て」といった分野で考えてみると、もっと多くの方が当てはまります。

 

つまり、

 

【石川県はバレー人口が減っているから、バレーボール教室はうまくいかない】は、常識でもなんでもないんだ!!!

 

ということに気づいたのです。

 

 

・・・なんか、バレーバレー言っちゃってごめんなさい。例えが思いつかなくて。笑

 

 

事実(数字)を見る!

 

あなたの身のまわりにも、こんな説はありませんか?

 

 

「スポーツは無償だ!」

「総合型地域スポーツクラブでは高い会費をとれない」

 

本当にそうでしょうか?

 

 

  • この町はスポーツに消極的?
  • 地方(田舎)だからうまくいかない?
  • マイナースポーツだから人気がない?
  • 法人化しないと信頼されない?

 

 

「スポーツでは食べていけない」なんて、誰が決めたのでしょう?

 

 

人口の少ない町で成功しているクラブ、

大好きなスポーツで生計を立てている人はたくさんいます。

 

あなたの業界の常識、まわりの情報、人から聞くこと。

 

一度疑って、数字を見ましょう。

ちゃんと『事実』を見るのです。

 

 

現在地を誤っては、目的地にはたどり着けません。

 

事実を見ずに、あきらめるのはもったいない。

あなたはこれから、スポーツを通してたくさんの人を救うのです。

 

 

 

その為にもぜひ、あなたのまわりにある数々の常識を、一度見直してみてくださいね!

 

 

PS 事実、3,000人以上のスポーツ経営者が、このウェブセミナーをご覧になり、今も自分のビジネスに取り入れています。

今なら、無料ウェブセミナーの参加者には、特別レポート:スポーツ教室経営者のための「売れるチラシの作り方」をプレゼント。

 

前田さんも学んだ、無料ウェブセミナーは以下からご覧になります。

↓ ↓

今すぐ無料ウェブセミナーに参加する