スポーツ起業5つの心得(無料コンテンツ)

今なら「スポーツ起業5つの心得」
ウェブセミナーが見れます!

このウェブセミナーでは、スポーツ起業成功に向けて、知っておきたい事をまとめて解説しています。

スポーツでなるべく早く成果を出したいという方は、ぜひこのウェブセミナーを見て、実践してみてください。

 

  1. スポーツ起業成功に対する最初の壁とは?
  2. スポーツビジネスとは問題解決業
  3. スポーツ起業の成功の為の4原則
  4. 資金、実績がゼロからのスポーツビジネスのはじめ方
  5. 副業からはじめるスポーツ起業の方法

※登録後、すぐにご覧になれます。

 

今すぐ下記のボタンから
無料講座へ登録してください。

 

あなたに5年も必要ない

好きなスポーツ、得意なスポーツを活かして、スポーツ界で起業したい!そう思う人はこの10年で非常に増えてきた。しかし、スポーツで起業する人が増えていても、「十分な収益」を確保できているのはほんの一握り。

現役のサッカー選手だった僕が、引退後に勢いで作ったスポーツクラブがある。設立から最初の5年間の経営はまさに素人そのもの。スポーツしかやってきていない人間が、ビジネスの世界に出ても、何をやってもうまくいかない。真似をしてもうまくいかない。もはや何をすればいいのかさえ分からない。そんな辛い5年間だった。

しかし、辛い状況であればあるほど、「このままじゃいけない」と思い、試行錯誤してたどり着いた「ある方法」があった。それまでになんと起業から5年もの月日が経っていた。

 

でも、僕はそのことに気がついたおかげで、今では同じスポーツ同業者へのアドバイスやコンサルタントとしても活動できている。 なぜならば、スポーツで起業した人が、必ずぶち当たる壁を、「ある方法」で突破できたから。

ぶっちゃけて言うと、そこさえ突破してしまえば、個人で2,000万〜5,000万円規模のスポーツ事業は簡単に立ち上げられる。だからこそ、僕は会社を複数経営できているし、北は北海道から南は沖縄まで、全国にクライアントを抱えている。

このメルマガでは、僕がスポーツ起業時に得た「最初の壁」を突破するための方法を、簡潔にまとめてお伝えしている。

もしもあなたが、、、

  • 好きなスポーツで起業したい!
  • 将来はスポーツクラブを立ち上げたい!
  • 地域に根ざしたクラブをつくりたい!
  • スポーツを一生の仕事にしたい!

 

そう思うのなら。 ぜひ、最初の壁を突破する「スポーツ起業成功の道」を知ってほしいと思う。これを知っていて起業するのと、知らずに起業するのとでは、かなりの時間ロスがあるからね。

あなたには、僕のように起業当初の辛い5年を過ごす必要はない。なぜなら、この5年間で見つけたこの方法をメルマガで学べば、きっとあなたも、他のスポーツ起業家たちと同じように、「スポーツ起業成功の道」へとたどり着けるから。

 

今なら「スポーツ起業5つの心得」を
メルマガ登録者全員にプレゼント!

このウェブセミナーでは、スポーツ起業成功に向けて、知っておきたい事をまとめて解説しています。

スポーツでなるべく早く成果を出したいという方は、ぜひこのウェブセミナーを見て、実践してみてください。

 

  1. スポーツ起業成功に対する最初の壁とは?
  2. スポーツビジネスとは問題解決業
  3. スポーツ起業の成功の為の4原則
  4. 資金、実績がゼロからのスポーツビジネスのはじめ方
  5. 副業からはじめるスポーツ起業の方法

※登録後、すぐにご覧になれます。

講師紹介

講師:株式会社サンビリーフ 代表取締役 宮城 哲郎

海外のマーケティング戦略を、日本のスポーツ業界に置き換え、独自のスポーツマーケティングを実践。スポーツ起業家、スポーツコンサルタントとして、国内外のスポーツビジネスのアドバイスを主業としている。講演活動や電子書籍の出版、スポーツクラブへのコンサルティングをしながら、スポビジ大学でスポーツビジネスを学ぶ場を提供。これまでに1,000名以上のクライアントに対し、スポーツで生計を立てる為の方法を伝え、メルマガの読者は国内で3,000人を超える。また、自身も現役のスポーツクラブ経営者として、二つの会社を経営。幼児教育、発育発達に特化した「運動あそび」の普及を提唱し、全国の保育園幼稚園にもプログラムを導入すべく、フランチャイズを展開している。今後は、よりスポーツで稼ぐ人材を育成していくとともに、日本の地域スポーツビジネスの確立を目指す

 

高すぎる理想があなたを苦しめる?

 

多くのスポーツ起業を志す人が挫折する原因は、「高すぎる理想」にある。何も考えずにただスポーツ教室を開講したからといって、お客さんが集まるわけではない。元プロ選手とか、代表選手だとか、良い資格をもっているとか、、、そういった肩書きがあったとしても、お客さんを集めることは別の話

だからこそ、起業する前に、まずはスポーツで起業するという事がどういうことなのか。何をすべきで、何をしないべきなのか。それを知らないと失敗してしまう。

もちろん、自分自身で模索してみるのもいい。ただ、僕のように5年以上も無駄な時間を過ごすより、同じスポーツビジネス界で成功している人たちのやり方を真似たほうが、よっぽど効率がいいと思わない?

もしも答えが「YES」なら。今すぐこのメルマガに登録して、スポーツ起業の第一歩を踏み出してみてほしい。

今すぐ下記のボタンから
ご登録ください!