満員御礼
一般募集は終了しました

 

from 宮城哲郎

 

もしもあなたが…。

スポーツを仕事にしたい、またはすでにスポーツを仕事にしている人であればこのセミナーはあなたのためのものです。

特に自分自身が持つ、スポーツの「スキル」「知識」「経験」を商品、サービスとしてご提供している業界の人であれば、尚更、僕がこれからお伝えする事は知っていて欲しいと思います。

なぜならこのセミナーは、僕がこれまでアドバイスをしてきた1,634名の人たちの事例をもとにお伝えする内容だからです。

現在スポーツお仕事にしたいという人がものすごく増えたのは、あなたもご存知のはずです。

2020年には東京五輪も開催されるので、スポーツに関する関心度は高まり、その需要は多様化されるので、今後その数はさらに増えていくでしょう。

しかし実際にはスポーツを仕事にしている人たちのほとんどは稼ぐことは愚か、生計を立てることすらも叶わない状況です。そしてその最も大きな理由は、その人のスポーツビジネスについてあることが導入されていないことが原因なのです。

 

さて、それは一体何か?

こうして貴重な時間を割いてまでも僕の話に耳を貸してくれたあなたにだけ、その秘密をお伝えしたいと思います。

 

あなたにはビジネスの仕組みがありますか?

 

「仕組み」という言葉は、あなたもビジネスをされている中で、よく耳にする言葉だと思いますが、果たしてそれをどこまで「掘り下げているのか?」となると、話は別でしょう。

ちなみに「仕組み」とは、物事の組み立て、構造、機構、事をうまく運ぶために工夫された計画などのような意味があるのですが、これをビジネスの仕組みという考えを元にお伝えすると、以下の通りになります。

 

「ビジネスの仕組み = ビジネスをうまく運ぶための構造的な計画」

 

要するに、ビジネスをうまく進めるための構造的な計画を持っている人が、「仕組みを持っているビジネスマン」と言われ、そうした構造的な計画を持っていない人が、「仕組みを持っていないビジネスマン」といっても過言ではないというわけです。

 

このスポビジ大学のコンテンツに触れている方は賢明な人が多いですので、そうした事に対して常に関心のある方も多いでしょう。(でないと、わざわざ経営の勉強なんてしませんからね。みんな、自分の好きなスポーツだけやってたいですから。笑)

 

さて、そんなわけですから。あなたがビジネスを上手に進めたいのであれば、上手に進めるための「構造的な計画」を作り、自分のビジネスに取り入れる必要があるというわけです。それがないと、残念ながら「なんとなくビジネス」をやっていると言われても仕方がないでしょう。

 

事実、「仕組み」を持っている人達は、常に順調とまでは言わなくとも、しっかりと自分のペースで確実にビジネスを成長させていっている人が多いです。実際に僕がこれまでサポートしてきた人達もそうでした。

 

なぜなら、自分のビジネスをうまく運ぶための構造的な計画があるわけですから、設計図を持って毎日を生きているような感じです。それを持っていない人との差は歴然でしょう。

 

ここまでお伝えした中で、きっとあなたも「やっぱり仕組みって必要だな?」という風に感じてもらってはいると思います。(そうでないと、ちょっとヤバいです。笑) ぜひ、最低でも「仕組み」について考えるきっかけ程度にはされて欲しいなというのが僕の願いです。

 

さて、ここまでは仕組みについて重要性をお伝えしたのですが、ここからが更に話が核心に迫ります。それは、、、、

 

「なぜ、あなたのようなスポーツを仕事にしている人が仕組みを持ってないとヤバい・・・のか?」という衝撃の事実です。

 

ここからは、ぜひ心して聞いてください。

 

スポーツビジネスで
仕組みが無いとヤバイ理由とは?

 

起業して、最初の頃はあなたにも時間があったはずでしょう。ですので、自分でチラシを作ったり、ブログ記事を書いたり、時には、どこかに足を運んだりしてお客さん(あなたにとっては生徒?会員)を集める活動をされて来たはずです。

 

そうした事の努力が功を奏して、少しずつあなたの所にはお客さんも集まって来たはずでしょう。これは、あなたにとっては初めての成功体験のような物です。

 

そして、こうした事が起こると「もっと良くしたい」そんな気持ちも芽生えてくる事でしょう。現状より更にビジネスを成長させようと考えた場合、きっと、あなたはこれまでと同じ事を「繰り返す」という事をすると思います。

 

なぜなら、以前も同じような方法で上手くいったからです。あなたにとっては最も再現性のある方法ですからね?

 

ですが、ここで問題が生じます。当時はそれでも良かったのですが、ここで以前と違う事が起きています。それは…。

 

「目の前のお客さんとの関わりが生じる」という事です。

 

今までは、あなたにも時間がありました。ですから、少しのお客さんと関わりながらでも自分でチラシを作ったりブログを書いたり、色々な場所に足を運ぶ事も可能でした。

 

しかし、お客さんが少しずつ増えていくと、目の前のお客さんとの約束があるわけですから、当然ながらあなたがやろうとしている「ビジネスを成長させる行為」という事自体、難しくなってくるのです。

 

「目の前のお客さんときちんと向き合うべきだとわかっている。でも、もっとお客さんを増やさないとビジネスは成長しない。でも、そんな時間が無い。。。」

 

これはスポーツビジネス最初の壁です。特に、自分自身の「スキル」「知識」「経験」を商品として取り扱っている人達には大きなジレンマになる事でしょう。

 

正直、問題なのはここからです。
上記のような分野の人にとって、この悩みが起きている時点ではまだ…。

 

「自分が明日を生きるだけで精一杯の収入しか得られていない」という現実問題が起きている事です。

 

「好きな事を仕事にしている」という事は間違いないのですが、将来の事までを考えた場合とてもじゃないけど蓄えも何もできないような状態です。

 

自分が倒れたら終わり・・・。まさにそれがここでの現状です。

 

こうなると、「目の前の生活」をどうやりくりするか?がメインテーマになってきますから、徐々にビジネスを始めた時と目的も心情も変わってきます。

 

・手当たり次第に助成金や地域の補助金を探すようになる。

・チャンス(?)と見ればどんな案件の話でも受けるようになる。

・ネタは無いかと異業種交流会などに参加しまくるようになる。

・もっと安くて効率の良い方法は無いかと、大量のビジネス系のメルマガに登録する。

・精神安定の為に、成功者の自伝を読んで自分を納得させる。

 

こうした事が起きます。別にあなたがそうだとは思いませんが、どれが一つぐらいは当てはまるはずです。なぜなら、僕がこれまで支援したきた人も皆さんそうでした。もちろん僕も…。

 

ですが、こうした状況を乗り越えて、しっかりとビジネスを営んでいる人も多くいます。その人達にとって共通点が、自分のビジネスの「仕組み」を作り導入してきた人達です。

 

具体的にどのような事を仕組み化するというと、、、

 

  1. あなたの商品・サービスに興味がある人を集める。
  2. 興味がある人達との信頼関係を構築して商品を購入してもらう。
  3. 購入してもらった人達と更なる関係を築いて、ファンになってもらう。

 

このプロセスを「なんとなく」ではなくて、しっかりと【再現性のある状態】に作り上げて仕組み化してきた人たちです。

 

仕組みが導入される事で
以下のような未来が手に入ります

 

  1. 仕組みがビジネスを成長させていくわけですから、当然ながらあなたはこれまで以上に時間が空きますし、その空いた時間で「より目の前のお客さんと向き合える」ようになります。
  2. より目の前のお客さんと向き合えるわけですから、顧客満足度はかなら高まります。当然ながら、そうした顧客満足度の向上によって、そのお客さんが別のお客さんを呼んできてくれます。
  3. しかも、そうした中でも仕組みがあなたのビジネスに新しいお客さんを集めてきてくれるわけですから、今までとはお客さんの増え方の次元が違ってきます。こうなると人を雇って拡大をはかったり、自分のペースで仕事をするなりというような「選択」も自由になってきます。

 

自分の好きなスポーツで、しっかりと生計を立てることが出来る上に、尚且つ「人生の選択」まで出来るようになるなんて素晴らしい事だと思いませんか?

 

正直に言います。

良いことだけでは無いです。

 

こうして聞くと、「よし、自分も早速仕組みづくりを始めよう」と思うかも知れませんが、正直にお伝えします。実はまだここまでは、あなたに対して良いことばかりしか伝えていません。

仕組みを作った方が良い事はわかる。そして仕組みを作ることで欲しい未来も手に入る。でも、2つだけ大きな問題がありますのであなたにお知らせしたいと思います。それは、「面倒」であることと、「自己流では時間がかかる」という2つの大きな問題です。

 

仕組みを作ることが難しい2つの理由

 

まず、1つ目の理由の「面倒」だという事ですが、当然ながら楽して仕組みを作ることが出来たら皆さん成功しているはずですが、そう甘くは無いのが現実です。

例えば、興味・関心を持ってもらうための「販促物の作成」、そうして興味を持ってくれた人から信頼を得るための「コンテンツの作成」、実際に購入を促すための「商品説明物の作成」、購入者への「フォローアップ用のコンテンツの作成」などなど、1つずつの部品を作り上げる必要があります。

 

2つ目の理由の「自己流では時間がかかる」という問題ですが、先ほどお伝えした部品を作ったからといってそれで良いわけでもありません。これが一つの仕組みとして「しっかりと機能する様に「テストと改善」をする必要があるわけです。

これは何かの機械を開発するのと似ている行為かも知れません。しっかりと機械(仕組み)が、その役割を果たすように動いてくれるのか?という事をチェックしていく必要があるわけです。

当然ながら、そうした仕組みを一度も作ったことが無い人にとっては未知の領域ですから、なんども失敗を繰り返すでしょうし、時間もかかるでしょう。

 

ですが、こうした苦労を超えた人達だからこそ、恩恵が手に入るのも確かです。実際に僕自身も、僕のクライアントと呼ばれる人達も、そしてこれまで僕と一緒に「ビジネスの仕組み」について真剣に取り組んできた人たちも、自分のビジネスを仕組み化する事で、かなり「選択肢」が増えてきました。

 

仕組み化に成功した人達の例を
一部、お伝えすると…

 

事例1 「経営に専念できるように」プレーイングマネージャーを卒業。

あるスポーツクラブ経営者の場合だと、現場を離れ完全に「経営側」に回ることが出来るようになりました。僕らの業界って、プレーイングマネージャーが多い業界ですから、経営に専念したくてもなかなか出来ません。

ですが、経営に専念することによって「プレーイングマネージャー型」のビジネスでは歯がたたなくなるようなビジネスを作る事に成功しました。

 

事例2 「よりお客さんと向き合えるように。」最強のフリーランス。

あるインストラクターの方はビジネスを仕組み化する事で、今まで以上に「自分のお客さんと向き合う時間」を確保する事に成功しました。

お客さんと向き合う事で、お客さんの顧客満足度はあがります。今では「お客さんが次のお客さんを呼んでくる状態」を作り上げているので、その業界ではちょっとした有名人になってメディアにも取り上げられるようになりました。

僕は彼女の事を「大手も食えない最強のフリーランス」と呼んでいます。笑

 

事例3 社長業とコンサル業の両立。自由なビジネスライフの実現。

あるスポーツ企画業の経営者は、ビジネスを仕組み化する事で本業のビジネスを完全に自分なしで経営できる状態に成功しました。

しかも社長がいなくても停滞どころか「むしろ残された人達」が以前より業績を上げる事で自尊心も高まりスタッフのモチベーションも高い状態。

彼自身、この経験を生かして多くの同業を支援するコンサルタントとして活躍もしており、自分の「やりたい」を積極的に展開できるビジネスライフを実現

 

 

これはあくまでも事例の一部ですが、自分のビジネスを仕組み化する事で、こうした結果を手に入れることが可能になるのです。

 

ただ、そうはいっても、何度も言うように仕組み化が簡単にできれば世の中のビジネスマンは、みんな大成功しています。ですが、事はそう簡単ではありません。

 

しかし、現実にはあなたのように自分の持つ「スキル」「知識」「経験」などを商品やサービスとして提供しているあなたのような人にこそ、仕組み化に取り組んで欲しいわけです。

 

そこで、僕は考えました・・・。

 

これまで、全くスポーツビジネスの「仕組み化」について考えたことが無い人でも、出来るだけわかりやすく仕組み化について学び、それを自分のビジネスに落とし込む事は出来ないのか?

 

という事で、今回あなたに案内するのがこれです。。

 

満員御礼
一般募集は終了しました

 

このセミナーではそのあることを中心にあなたのスポーツ商品にお客さんの方から集まる方法をお伝えし、それを仕組み化するまでの方法をお伝えしたいと思います。

こんなことが学べます!
  • 売れづらいスポーツ商品を「売れやすくする方法」が学べます。
  • 実績がなくても「お客さんを集める方法」が学べます。
  • 少ない社員数(例えば一人でも)でも「利益率の高いビジネス」が作れます。
  • 流行れ廃れの無い「本質的なビジネス戦略」を学べます。
こんな人にオススメです!

もしもあなたが今後長期的にスポーツビジネス界で成長を遂げたいと考えているのであれば今すぐ申込用紙に記入して参加表明をしてください。但し席の数は限られてますのでお早めに。

  • 自分の持つ「スキル」「知識」「経験」を商品として活動している
  • スポーツクラブを経営している人
  • スポーツを仕事にしている人
  • これからスポーツで起業したいと考えている人
  • 少ない人数でも高い利益を残したいと考えている人
  • 社長だけに頼らないでもビジネスを成長させたいと考えている人

 

 

さらに参加者には特典も!

 

そして、今回のセミナーに参加してくれたあなたには、特典も3つほどプレゼントしたいと思います。

 

宮城哲郎 著書

スポーツ起業家になるための方法第二班(電子書籍)

定価2980円

 

これは僕が書いた電子書籍「スポーツ起業家になるための方法」です。第1版をすでにお持ちの方もいらっしゃると思いますが、これは第二班となっています。

コンセプトは変わっていませんが、中身の書き方は大きく変化しています。ぜひこの機会にセミナーに参加して、第二班を手に入れて欲しいと思います。


 

スポーツビジネスに使える「集客ツール・サンプル集」

(PDFファイルにて納品)定価19,800円

※画像はイメージです。

スポーツビジネスにおいては、集客に使用するツールが必須です。それをまとめた「集客ツール・サンプル集」をPDFファイルにてプレゼントいたします。

このサンプルをみながらチラシやメッセージを書くことで、成果も変わってくることだと思います。

 


宮城があなたのチラシやパンフレットを直接レビューします!

 

これは、今回のセミナーだけの特典となっています。あなたが現在使用しているチラシや、パンフレットなどの販促物を、僕自身が直接目でみてレビューいたします。

セミナー終了後、今使用しているチラシやパンフレットをお持ちになり、僕に直接渡してください。後日、あなた宛に、チラシのレビュー結果をメールでお送りいたします。

レビューを踏まえた上で、チラシやパンフレットを作り直すことで、今よりもお客さんに響くメッセージや、PRができるようになります。

この特典に価値を感じたあなたは「センス有り」ですよ?

 

以上、3つの特典を、今回のセミナーに参加してくれた方にはプレゼントしようと思います。

 

 

参加費について

 

さて、今回のセミナーの参加費についてですが。通常であれば、僕自身、会員限定のセミナーが8割です。残り2割は、他社からの依頼と、こういった新規向けのセミナーです。

もちろん、会員限定とはいえ、最低でも20,000円〜50,000円のワンデイセミナーを開催もしています。

ただ、今回はもっと気軽に僕のセミナーを「試して」欲しい。そう思ったので、気軽に参加できる価格にしました。

今回のセミナー参加費は、メルマガ読者価格として4,000円(税込)です。4万円ではありません。4,000円です。

ただ、安いからといって、誰でもOKというわけではありません。僕なりの条件も以下に掲載したいと思いますので、ぜひこちらもご確認ください。

 

(注意)こんな人は参加は見送ってください

 

1 実践しないで文句ばかりを言う人

実際に、実践したのにも関わらず何も成果が出ない場合は、僕にいくらでも文句を言って下さい。あなたの成果が出るまで、僕は付き合いますので。

ですが、実践もしないのに文句を言うのは論外ですので、このセミナーにも参加しないで下さい。

僕のコンサルタントとしての経験やアイディア、ノウハウなどは、自分の人生だけでなく、多くのクライアントと一緒になって培ってきた「血と汗と涙の結晶」でもあります。

ゆえに、こうしたセミナーを終えた後も、会員制ビジネススクールやオンラインサロンといった部分までお付き合いする人も多いですし、そうした人の中からビジネスを共有するパートナーにまでなる人もいます。

もしかしたら、あなたにとってはただのセミナーや勉強会程度かもしれませんが、僕にとっては「一期一会」の真剣勝負なのです。

同じ「スポーツ」というキーワードを通して、一生付き合える仲間との場が欲しくて開催している場ですので、そういう価値観が合わない人は僕は関わりたくはありません。それほど、僕はこの活動に誇りを持ちたいですし、真剣に取り組みたいのです。

※ま、このレターを読んでいるあなたは、その心配は無いと思いますが・・・

 

2 魔法の様なノウハウを求める人

僕のブログやメルマガをご覧になっている人は分かると思いますが、僕のノウハウは誰も見た事の無い様な魔法のノウハウと提供する事はしません。むしろ、探せば色々なところで見つかる様な事を言っているかも知れません。

ですが、僕のノウハウは、僕のこれまでの経験の中で、多くの投資も行ないながら実践し磨き上げて来た、実際に成果の出たノウハウです。

 

しかも、スポーツビジネスという分野で、大小限らず多くの所で成果が出た物だけを厳選しており、それを多くの人達にも同じように成果が出るように改良し、誰もが実行できる様な形にしてメソッド化していますので、、、

「秒速で1億円」とか、「1日で◯◯億円稼ぐ」の様な物を期待している場合は、そこにお応えできませんので、他の人の門を叩いて下さい。

 

3 他の参加者の迷惑をかける人

今回のセミナーは、一見すると参加者自身がお金を払って学習を行なってノウハウを学ぶ様なイメージがありますが。だからといって参加される方は、お金を払っているから何をやっても良いというわけではありません。

 

スポーツビジネスには「受益者負担」という言葉があります。スポーツビジネスの先進国である欧米では、日本の様に「お金を払ってサービスを受ける」というような価値観でスポーツを扱ってはいません。

 

「お金を払う事で、自分達のクラブを自分達で盛り上げる」という感覚が主流であり、だからこそスポーツが文化になっているのです。

 

僕自身、あなたにもそういった自分のビジネスが「文化」になる感覚を手に入れて欲しいと思っています。その為には、まずは僕自身がそれを率先して実践しようと思っています。

 

ですので「特に理由も無いのに時間に遅れる」とか、「途中退席ばかりをする」など、他の人の集中力を欠くような行為をされる人は、会場にも入れません。

 

自分の貴重な時間を、このような人に対して使うのも嫌ですので、ここでハッキリと線を引いておきたいと思います。

 

僕は「お客様は神様」という精神を残念ながら持ち合わせていません。

 

むしろ、売り手と買い手は平等であり、双方ともに敬意を持てる様な関係だと思っていますし、そうした事を無視した人とビジネスをする為にリスクを背負って起業したわけでもありません。

 

もちろん、そのような人が、わざわざこの様な長い文章を読むとは思ってはいません。

 

ただ、僕は真剣な方や熱い情熱を持っている人達と「だけ」仕事をしたいというスタンスをお伝えしたいという事で、記載しておきます。

 

こうした事を公共の場で堂々と語るので怖がられますが、会えば凄く気さくで物腰の低いと言われますので、安心してください。笑

↓ ↓

実は、過去に少ないけどいたんですよ!?悪ノリの体育会系の人が。最初で言うと説明、あとで言うと「言い訳」ですから、最初で僕のスタンスは伝えておきますね?

だって、注意するのも面倒ですし、その労力をやる気のある方の為に使いたいですもんね?

 


 

スポビジ大学特別セミナーin福岡

売れるスポーツビジネスの作り方
〜お客さんが「集まる」仕組みを構築する3つのポイント〜

日時:2019年7月13日(土)14時〜17時

会場:リファレンス駅東ビル V-5

参加費:4,000円(税込)
※メルマガ読者限定価格

定員: 募集終了 満員御礼

【参加特典】

・宮城哲郎著書:スポーツ起業家になるための方法第二班(電子書籍)

・スポーツビジネスに使える「集客ツール・サンプル集」
(PDFファイルにて納品)

・宮城があなたの販促物をレビューする権利 

 

Q1: 本当に1日のセミナーで仕組みを作ることができますか?不安です。

残念ながら100%の確率で、その日で作れるかどうかは分かりません。なぜなら、あなたが今どのような状況に置かれているか分からないからです。

ですが、過去の例だと水泳教室の先生で、ネットを使うことすらも怪しかった女性経営者が作れるようになったので、高い確率で作れるということだけはお伝えします。

たとえ、その日で作れなかったとしても、最低でも売れる仕組みの「設計図」までは手に入れるようにしています。資料なども交えて、あなたに持ち帰ってもらえるようにセミナーは作っていますのでご安心ください。そういう意味では遅かれ早かれ100%完成すると思っていても良いと思います。

 

Q2: 宮城さんのセミナーに参加するのは初めてです。不安なのですが…。

その気持ちはわかります(笑)みなさん、同じことを最初にお話ししますので。ですが、自分で言うのもなんですが、僕のセミナーに参加された方の多くの人たちは「面白い」とか「目からウロコ」というような感想を語ってくれます。あと、「宮城さんが意外に優しかった…。」とも(笑)

この不安に対する解決策は、残念ながら僕は知りません。ですが実際に参加してみると、ほかの皆さん同様に「面白かった」と思えるような準備を僕もしますので、安心して参加されてください

別に、とって食うことはしませんので。笑

 

Q3: 宮城さんのコンサル料や普段のセミナー参加料を考えると、価格が安すぎるのが気になります。セミナー後に高額商品を売り込まれたりしませんか?

「それは無いです!・・・が。良い質問ですね?笑」

ぶっちゃけた話をします。僕自身の話になるのですが、会社も複数経営している事、個人としてのコンサルティングの収入、講演会などの活動、他のビジネスへの投資活動など、そうしたことを諸々いれると、正直、今回の金額の案内は「割に合わない事業です。」

例えば、今回の案内は4000円(税込)です。参加者の定員が全て埋まっても5万円にも満たない収益です。そして、セミナーといっても真剣勝負なのでかなりの労力を要します。

片や、僕が経営している会社は全て「ほぼ自動で運営しています」僕が時間と労力をかけることは何もありません。ですから、金額だけみると割にあいません。でも「何でするのか?」という事には理由があります。

胡散臭いと思うかも知れませんが、これは僕にとっての『チャレンジ』です。あなたが、今回のセミナーへの参加で、あなた自身の目標を達成してくれれば…。

そして、そのような人達が日本全国で数多く出て来たら…。正直、僕にとってはこれほどエキサイティングな事はありません。

自分がこれまでやって来た経験を通じて、スポーツビジネスに携わる人と出会い、コミュニティーを一緒になって作り上げ、そのメンバーのみんなでスポーツビジネスの業界を変える事が出来る事を想像するだけでワクワクします。

 

これこそが、僕にとっての最大の「楽しみ」であり、この仕事をする動機でありモチベーションです。その為には、正直、お金なんてどうでも良いですし、それ以上の価値なんてのは、僕の挑戦の成功のあかつきには遅かれ早かれ手に入れる事が出来るとも思っています。ですから、ウィンウィンですね。

ちなみに質問とは関係ありませんが、売りつけるという言葉はヤメてください。売るという行為はそんな下品のものではなく、もっと素晴らしい活動だと思うのが僕の価値観です。

僕は、自分が「相手の為に絶対に良い」と思ったものは、今後もどんどん売っていきます。ですが、そもそも「購入する」という選択肢は、お客さん自身が持っているはずです。売りつけるとか、イヤイヤ購入してもらうという考えは端から存在していませんので。

 

Q4:参加する際に必要な持ち物はありますか?

ノート(出来ればA4サイズ)と筆記用具があれば大丈夫です。基本、こちらで準備した資料を使いますので。あとは、ベタですが「真剣に受ける気持ち」と、前日に夜更かしはしないで欲しいというぐらいですかね・・・?

 

Q5:名刺を持ってきた方が良いですか?

持ってきた方が良いと思います。当日は、いろいろな方と話す機会はあります。その時に、名刺を持っておいた方が良いのは言うまでもありませんし、実際に、このセミナーで出会った方同士で様々なコラボも実現しています。

ただ、僕は名刺を使わないタイプなので名刺交換はできません。

 

Q5:これからスポーツで起業したいと考えていますが、そんな私でも参加できますか?

もちろん参加できます。ただ、なんとなく起業したいなというレベルではなく「スポーツ起業で成功したい」という強い気持ちがある方に参加して頂きたいと思っています。

 

Q:代表者ではありませんが、参加は可能ですか?

はい、参加可能です。また、ひとつの組織から複数の参加も可能ですので、スタッフの研修としてもご活用ください。ただし、会社のお金の参加するわけですから、代表者以上の熱い気持ちを持って参加されてください。そのほうが、あなたの上司も喜びますよ?

 

Q:経営について、まったくの素人ですが話についていけますか?

大丈夫です。ご安心ください。経営が初めてのかたでも、起業前のかたでも、わかりやすく説明していきます。もちろん、わからない部分があれば、質問もできます。

僕も、他の方も「最初は素人」ですし、僕自身もいまだに「極めている」と思ってはいませんよ?一緒に勉強しましょう!

 

Q:当日の現金払いはできますか?

申し訳ありません。当日の現金払いはできません。

 

Q:懇親会はありますか?

申し訳ありません。今回のセミナー後には懇親会の予定はありません。僕はこう見えてシャイな男です。気心知れた人達と酒を酌み交わしながら、自分の夢や大好きな家族の事を話すのが好きな男です。

ですから、あなたとはもっと関係が深くなってから一緒に楽しい話でもしたいと思っています。予めご了承ください。