Skypeで運動指導の効果は出るのか?

From:宮城奈津子

 

先日、面白い記事に出会いました。

それは、Skypeで運動指導を受けても、ちゃんと効果があるのか?というものでした。

 

私自身、会ったこともない人達とSkypeを使って打ち合わせをしたりしています。

はたまた、Skypeを通して面談を取り入れてもいます。

このスポビジ大学でも、Skypeは大活躍です。笑

 

複数でもしゃべることができますし、本当に会って話ているかのように気軽で、

「これなら遠距離恋愛も続くだろうな・・・」

と個人的には思うのです。笑

 

とまぁどーでも良い話はさておき。

 

私が見た記事によると、オーストラリアで、膝に痛みを感じる148人の患者さんの治療をして、本当に効果がでるかどうかの実験をしたようです。

 

実際の実験は、[膝を治す本を渡したグループ]と、

[Skypeで膝の運動治療を行うグループ]とにわけられたようで。

その結果、Skypeで運動治療を受けた人の方が、歩く時の痛みと身体機能が改善されたというのです。

 

Skypeでも運動指導は可能!

 

この実験でも明らかですが、今の時代、インターネットを使った指導の取り組みは幅広く、特に先生対生徒など、目の前で見て教える対面型指導であれば、ほとんどの業種で可能です。

例えば、英語もSkypeで教えることができます。

ギターやピアノもSkype指導が可能です。

ヨガやピラティスもできるでしょう。

ダイエットの指導もできますしね。

 

リハビリも、運動指導も、全部Skypeでできちゃう、というわけなのです。

 

もちろん、介助が必要なリハビリは、理学療法士さんがついてしっかりとケアすることが大事ですが。

ちょっとした膝の痛み、肩の痛み、腰の痛みを相談したいときなんかは、Skypeでやってあげるといいと思うんです。

 

それを、無料で行うことで、信頼関係を築くことができますし、もし近隣にお住まいの人であれば、直接店舗に来店しての治療も可能になりますよね。

 

アイディア次第でどこでもビジネスができる

 

そう考えると、店舗がなくちゃ開業できない・・・と思って悩んでいる人にとっては一歩が踏み出しやすいと思いませんか?

Skypeならコストもかかりませんし、店舗の維持費も、人件費も必要ありません。

自分の空いた時間にだけ、予約を入れてもらうようにしたらいいんですから。

 

つまり、あなたがどこでビジネスをしていようが、立地や建物に関係なく商売ができる環境ができている、ということなのですね。

 

Skypeでリハビリするネット療法士

 

ブログやSNSで情報を配信して、通称『ネット療法士』なんて言ってアピールすれば、全国どこにでも指導することができます。

店舗に足を運ばずとも効果が出るなら、忙しい人や、高齢者のリハビリを自宅でやっている人にとってもいいですよね。

 

今や料金もPayPalやPay-easyなんかで決済できます。

個人でも無料で登録もできます。

 

こういった「自分のスキルを活かす場」というのは、本当にやりやすい時代です。

 

アイディア次第で、可能性は広がります。

固定概念をちょっと覆すようなことを思いついたら、ぜひチャレンジしてみてください!

 

とにかく、Skypeってすごいな〜と思った今日この頃でした。笑

 

それでは今日はこのへんで!

 

追伸:スポビジ大学のメルマガがリニューアル!!

新しいスポーツマーケティングの実践方法が学べます!まだスポビジ大学のメルマガに登録していない人は、下記のボタンより、無料メルマガにご登録下さい^^