総合型地域スポーツクラブとは?

from タスク

突然ですが質問です?

 

マクドナルドが約3000カ所、スターバックスコーヒーが約1000カ所、それを上回る約3500カ所にあるもの、これはみなさんもちろんご存知ですよね??(笑)

 

2016年7月現在、全国1,407の市区町村(1,741市町村中)において、総合型地域スポーツクラブが既に創設ないし創設準備段階にある。全国で育成されているクラブ数は、すでに創設されているクラブが3,328クラブ、222クラブが創設準備中である。日本全国津々浦々に「総合型地域スポーツクラブ」は存在している。

 

そう、それは「総合型地域スポーツクラブ!」です。

 

しかし皆さん、この「総合型地域スポーツクラブ」の存在知ってました??国が大きなお金を使い、皆さんのお住いの地域にスポーツクラブを作ったのですが、実際にあなたは活用していますか?

 

クラブによっては、数百万、数千万の助成を受けてつくられたクラブもあるぐらいですから、相当の力の入れようです。

 

これがラーメン屋を起業したと考えた場合、普通ラーメン屋さんになる為には、修行しながら貯金して、借金をしながら自分のお店を持ちます。

 

しかし、この総合型地域スポーツクラブの設立者は、国から助成を受けて、スキルアップし、クラブを作り、クラブハウスを持てるのです。

 

皆さんこれを聞いてどう思いますか?

 

税金の無駄遣いだ!

なんでスポーツだけ優遇されるんだ!!

なんてお怒りの言葉が聞こえてきそうですが。。。(笑)

 

実は、それくらい重要であり、かなりその活動に期待されているんです!!!

 

どんな事に期待されているかというと…

医療費の問題や、年金の問題、子供達の運動能力の低下、働き世代の健康問題など、多くの国民に関わる問題を、このクラブで解決できないか?

というのが狙いです。

しかし、とは言ってもクラブ数は増加しましたが、僕らも含めてまだまだクラブ関係者ができることは多くあると思います。

 

もっと言えば、しっかりと事業化する事ができる起業家の皆さんや、民間企業とのタイアップなどをすることでクラブは飛躍的に活動の質がアップすると思います。

 

最初に話したことですが「あなたは総合型地域スポーツクラブを知っていましたか??」という事に対して、確かにほとんどの人が知らなかったと思います。

 

なぜなら、力のあるクラブは、独立し自分たちで事業を行い、あえて総合型と名のらなくてもやっていってるし、力のないクラブは活動が先細る。

 

ひどいところは、この助成金の旨味を他に知られたくないと、あえて小さく活動しているところがあるくらいですが、そんなことではいけないと思います。

 

私は、沖縄県の総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の代表を行っておりますが、まだまだ沖縄県でもクラブが必要だと思いますし、全国的にもクラブが必要だと思います。

 

まだまだ「スポーツはタダ!」というイメージから脱出できていない日本ですが、しっかりとお金を頂き、それ以上のサービスを提供するそんなクラブに誕生して欲しいと思いますし、沖縄県の総合型地域スポーツクラブ連絡協議会の代表としては「助成金が欲しいからクラブをやる!」という方は本当にこないで欲しいと思っています。

 

そんな組織は普段の活動を聞いて見たらすぐにわかります。そういう方を特に沖縄県では仲間にするつもりはありませんのでよろしくお願いします。(実は今年度・昨年度そんなクラブが来ました。。。)

 

私は、自分の地域で、よりよりスポーツのサービスを提供し、地域の方に満足してもらう。地域の問題解決を行う。そんなクラブを育てたいと思います。

 

この全国3500クラブとの連携を図ることで、広がるビジネスチャンスもあると思います。全国9ブロックに分かれたブロック会議も毎年行われますし(来年は九州ブロック会議を沖縄で開催します!)、全国会議は未だに800名ものクラブ関係者が全国から交流を図りにやってきます。

 

こういった、国の問題解決とクラブネットワークの可能性をチャンスと捉えて、何か皆さんにも参画していただきたいと思います。

 

これからしばらくの間、総合型クラブについて記事を書いていこうと思いますので、ぜひみなさん読んで頂き、皆さん方に総合型クラブに参画していただきたい思います。そしてコミュニティビジネスの可能性を知ってもらい、あなたのビジネスにもお役立てして欲しいと思います。

 

 

 

PS スポーツビジネスに特化した情報、欲しくありませんか?

スポーツビジネスに特化したメルマガをご紹介!
色々と事例も書いてあるから、下記からチェックしてね!

↓ ↓

今すぐスポーツビジネスについて学ぶ