会費収入だけ!それではクラブは潰れます!

スポーツセールスコピー

スポーツコンサルタント

宮城’亮’

 

あなたの会社の商品から利益が出て、それが現金に変わるのはいつですか?

 

一般的なスポーツクラブなんかだと、毎月会費が決まった日に振り込まれる。

 

しかし、月の頭に給料を支払い、機材のメンテナンス、家賃やその他様々な経費が毎日のように出て行く。

 

その結果現金に変わるのは1ヶ月後。

 

月に一度、200万円入ってきて、180万円くらいを1ヶ月で使っているクラブがあるとする。

 

これはいい経営をしているクラブですか?

 

難しいですね笑

 

 

色んな見方がありますが、毎月180万円を使って1ヶ月後で200万円になる。

 

では、焼き鳥屋が一月200万円儲かるために必要なお金はいくらだと思いますか?

 

少しざっくりですが、答えは4万円です。

 

きっと、あなたはこう思ったかも知れません。

 

「えっ!!俺が180万円使って200万円儲けているのに、焼き鳥屋は4万円で200万円稼いでいるのか!?」

そう思いましたよね?

 

もちろんこれはしっかりと説明しなくてはいけませんので、ご説明します。

 

※わかりやすくざっくりとお話ししますね!

 

ポイントは現金に変わるスピード

 

焼き鳥屋は、4万円分鳥を仕入れて、一本を200円で売り、その日15本食べる客が40名来たとします。

 

すると…

200円×15本×40名=120,000円 

3000円分食べる客が40名、別におかしな数字じゃないですよね。

 

これで1日12万円の売上です。

 

 

最初の4万円が、閉店時には12万円になっています。

 

翌日には、8万円通帳に入れて、また4万円分鳥を買います。

 

2日目には、通帳は16万円入っていて、また4万円を仕入れに使います。

 

これを25日営業して続けたら、200万円になります。

 

 

もちろん焼き鳥屋も家賃や人件費やその他の経費で180万円かかったとします。

 

さて、これってどちらが良い経営でしょうか?

 

 

もちろん一概にどちらが良いとは言えませんが、

 

 

一方は180万円を使って200万円を稼ぐ。

一方は、4万円を回して180万使って200万円稼ぐ。

 

???

 

 

難しいですね笑

 

何度も言いますが、ポイントはお金に変わるスピードなのです。

 

スポーツクラブの経費180万円が一月で200万円に変わります。

しかし、焼き鳥屋は、4万円が毎日8万円生み出して、200万円に変わります。

 

 

 

あなたが起業するならどちらが良いですか?

 

毎月、180万円使って200万円と4万円が回って180万円使って200万円。

 

 

 

なんとなく感覚でわかると思いますが、

・当初準備するお金が4万円だと少なくて良い。

・その日の売り上げが見えるので、軌道修正も行いやすい。

・事業拡大がしやすい。

・事業縮小もしやすい。

などなど、経費が現金に変わるスピードが早いと、少ない投資でお金が作ることができます。

 

しかし、スポーツクラブの例だとそうはいきません。

 

収入が月の会費のみに頼っていると、突発的な退会など、大きな収入源に対応しずらいですよね?

 

また多くのクラブがそうですが、まとまって入ってくるので、改善や軌道修正を行えていないというのがあります。

 

ある程度のカリキュラムを約束して会費を集めているので、20名定員の全15回ヨガ教室があるとすると、その人数が損益分岐点を超えていなくても開催しないと行けないということが起きてしまいます。。。

 

講師の給料、スタジオの時間損失、などなど大変です。

 

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

それはお金に変わるスピードの早い商売も取り入れることです。

 

スポーツクラブにとって焼き鳥はなんですか??

 

あなたもスポーツビジネスに携わる方なら、

ぜひ、一度考えてみてください!

 

宮城’亮’

 

すでに500名以上が受講しています!

地域ナンバー1スポーツ教室を目指すための情報メルマガ、今なら無料で手に入れる事ができるのですが他に手に入れたい方はいませんか?

いますぐ下記のボタンより、無料メルマガにご登録下さい。