沖縄のテレビCMを見て感じたこと

from 宮城哲郎

 

僕の住んでいる沖縄では、こんなCMがあります。

「働くってなんですか〜?

 お仕事ってなんですか〜?

 それはね?こたえは1つじゃないんだよ〜?」

このCMは求人広告会社のCMなのですが、

「どんな仕事に就こう?」と悩んでいる人達に対して、
色々な働き方があるんだよ?そういうメッセージが込められています。

 

確かに、色々な種類のお仕事が世の中にはありますからね?
求人募集の会社らしい上手く出来たメッセージ広告です。

 

ですが、これってマーケティングでも同じ事がいえます。

 

マーケティングにも色々ある。

例えば、このスポビジ大学では、
スポーツをマーケティングするという意味も込めて、

スポーツの様な専門スキルや知識を商品として
ビジネスをされている人達に対して、ノウハウや事例をお伝えしていますが。

 

先程の「働き方」と同じ様に自分達のビジネスを成長させる為に、
やるべきこと、やれる事が実は色々あります。

 

例えば、集客という概念を1つ取っても、

 

無料でやりたいのなら、ブログを大量に書いて
インターネット上に自社の情報を多く散りばめて窓口をたくさん作る方法。

 

無料の体験会を開いてそれを告知して集まってもらい、
来たお客さんに対して信頼関係を築きお客さんになってもらう方法。

 

お金をかけて集客する場合は、
ポスティングでチラシを撒いたり

 

オリコミを出したり、CMを出したり、
広告紙に掲載したりと、、、

 

これ以外にも山のように方法はあります。

 

方法はたくさんある、、だけど?

この様に、どんな問題にもそれを解決する方法はたくさんあります。
※CMでも言っていた通りです。

 

ですが、だからと言ってこれが「自分にとってのBestか?」
そういうことになると話は別です。

 

例えば、先程の求人CMの件でも、
どんなに多くの仕事や働き方があっても。

 

自分にとっての理想の仕事や働き方は少ないはずです。

 

これはマーケティングを行なう際も同じで、
ビジネスを改善させる為の方法はたくさんあるのだけど。

 

その中で、今の自分の問題を解決してくれる解決策というのは、
その問題に対して限られているのです。

 

ですから、結局の所、「自分の今の問題は何か?」

 

この部分を自分自身で理解しないと、どれだけ選択肢があろうと
正しい答えにつながらないのです。

 

自分をどれだけ知っていますか?

全米ナンバーワンの経営コンサルタント、
ジェイ・エイブラハムはこのような状態の事を、、、

「多くの経営者は、自分がどんなビジネスをやっているかさえ知らない」

そう言っています。

 

世の中には、たくさんの解決策がある。
だけど、結局は自分自身が、、、

「どうあるべきか?」

「どうしたいのか?」

「なにが問題か?」

「何を解決すべきか?」

こういうコアな部分に対して、
向き合うことをしなければ。

 

どんなノウハウや貴重な情報を手に入れたとしても、
無駄に終わるのです。

 

ですから、

「お仕事ってなんですか?」

「働くってなんですか?」

その状態で、仕事をさがしてはいけません。(笑)

※一応、言っておくとこの会社は、
きちんとこの辺りのフォローまでしてますよ?

 

むしろ逆で、

 

「自分にとって仕事って◯◯だ。」

「自分にとって働くという事は◯◯だ。」

 

そういう部分をしっかり見つけ出した上で仕事を探せば、
きっと素晴らしい仕事に出会えると思います。

 

もちろん、これはビジネスも同じです。

マーケティングをすると決めても「自分のビジネスの問題は何か?」

これを知らずに色々なノウハウを試しては行けないのです。

要するに「コンセプト」です。

 

あなたもぜひ、内なる自分としっかりと向き合ってみて下さい。

 

大切な答えは、いつもそこにあります。

 

そして、それを見つけたら後は楽勝です。

 

なぜなら、解決策は色々あるからです。

 

宮城哲郎

 

 

追伸:スポビジ大学のメルマガがリニューアル!!

新しいスポーツマーケティングの実践方法が学べます!まだスポビジ大学のメルマガに登録していない人は、下記のボタンより、無料メルマガにご登録下さい^^