【イベントレポート】なでしこJAPAN観戦ツアーinトランスコスモススタジアム長崎

こんにちは!スポビジ大学の宮城奈津子です。

さて、最初でお話ししておきたいのは、今回のレポートは明らかに個人的主観が入っているレポートとなってしまいます。あらかじめご了承下さい。笑

と、いうことで、女子サッカー日本代表、なでしこジャパンの国際親善試合を観戦しにやってきました!!

私自身、長崎のトランスコスモススタジアムに初めて行くので、とても楽しみにしておりました。Vファーレン長崎のホームでもあり、どういったスタジアムなのか、せっかくなので調査しようと思います。

実はこのトランスコスモススタジアム、最寄駅からスタジアムまで徒歩30分!距離にして2キロ以上ですかね〜。結構歩きます。(沖縄人の私にとってはもはやウォーキングです。笑)

もちろん、利便性のためにも「シャトルバス」が運行されていますが、今回はせっかくですので、スタジアムまでの距離を歩いて体感することに! 今後、沖縄でもスタジアムをつくるとなると、非常に参考になるかと思いますのでね。

最寄駅である、諌早(いさはや)駅には、スタジアムまでを「Vファーレンロード」と名前をつけており、通りにある商店街や、お店の名前、施設の紹介などなど、30分歩くことを、「楽しませる」ような工夫がされていました。

 

スポーツは「エンターテイメント」ですから、やはり会場へ足を運ぶのまでを楽しんでほしい!とクラブ側の努力が見られて、なんだかほっこりしましたね。

 

足元には、「スタジアムまであと●キロ!」と書かれた案内があり、少しずつスタジアムに近づくにつれて、ワクワクが高まっていきます。(私だけ?笑)

思ったよりもアッという間に会場へ到着!

 

ちょうど私が座った席が、メインスタンドの正面から少しずれた右奥の席。記者席の斜め前・・といったところでしょうか。 記者席はJFAの許可を得た報道関係者が座る場所です。

・・・で、ここで私、思ったんですよね。

「私ってスポビジ大学の記事書いてるし、レポート出すし、記者席でもよくね?」と。笑

今度、ダメ元で記者席に座って観戦するにはどうしたらいいのかを、タスクさんに相談したいと思います。笑

 

そこで、ふとはっけんしたのがWi-Fiのルーター。

「お!このスタジアムWi-Fi飛ばしてるんだ!」と思ったのですが、どうやらフリーではない様子。 SSIDをみたら、「PressStand(プレススタンド)」と記載。

おお〜かっけー!報道関係者だけのためのWi-Fiだったんですね〜!

確かに、リアルタイムで情報を配信するメディア関係者にとっては、Wi-Fiがないと配信できませんからね。これは参考になりました。 いずれはスタジアム内全体にWi-Fiを飛ばせる設計がいいかと思うのですが、こうやって段階的にやっていくことも大事ですからね。

 

ますますプレススタンドで観戦したくなりました。笑

 

そしていよいよキックオフ!両チームの国歌が流れて、気分も高まります。

やはり代表戦はなんだか気合が入りますよね。

 

試合の結果は7−1で見事なでしこジャパンの勝利!!

いやー圧勝でした。 個人的にはやはり川澄選手の途中出場からのレベルの高い技術が観れたこと、そして「No.9」の代表ユニホームが観れたことが最高の経験でした。笑

 

4月7日からはじまるWカップをかけたアジア予選に、いい準備ができたのではないかと思います。

男子もいよいよWカップがスタートしますからね!これまた楽しみ!!

皆さんも、ぜひサッカー日本代表を応援しましょう!

 

 

・・・・あれ?個人的主観すぎ?笑

 

と、いうことで、サッカーに関わらず、スポビジ大学では観戦ツアーをどんどん企画していこうと考えています!

そこで、「ぜひウチの競技も観に来てください!」というオススメ競技がありましたら、一度お誘いください。笑

日程の都合が合えば、ぜひとも参加させていただきたいと思います^^

 

それでは、今回のレポートはこのへんで!