禁止のパワー

FROM:宮城奈津子

 

「ダメ!」と言われると、逆にやりたくなる

 

・・あなたもそんな経験はありませんか??

 

例えば、「立ち入り禁止!」と言われると、入ってみたくなったり。

「絶対に見ないでね!」と言われると、何を隠しているのだろう?と興味が出てきて、余計に見てみたくなる。

 

「押すなよ!押すなよ!」と言われると、絶対に押すとか。(そりゃ違うか。笑)

 

不思議ですよね〜。

なぜ人は禁止されると逆にやりたくなるのでしょうか。

 

禁止のパワーを使ったセールスがある?

 

実は、この心理状態を、

行動心理学では「カリギュラ効果」と呼ばれています。

 

実はこのカリギュラ効果。

コピーや営業の世界ではよく使用されている方法のひとつなのですね。

 

 

もし、はじめて聞いた!という方は、

せっかくなのであなたの売上アップのきっかけになるかもしれませんので、

ぜひ最後まで読んで実践してみてください。

 

 

昔話から学ぶカリギュラ効果

 

 

カリギュラ効果、、、

う〜ん。なんとも聞きなれない言葉ですよね。笑

明日には絶対忘れているパターンですね。

 

でも、まぁ名前なんてぶっちゃけ覚えなくていいです。

人間の心理にはこう言った効果があったな〜と、マーケティングやセールスに応用してほしいだけですので。

 

 

そこで、今回は超覚えやすいカリギュラ効果の例をご紹介します。

 

皆さんがよく知っている「浦島太郎」

実はこの昔話に、このカリギュラ効果が入っているんですね。

 

いじめられている亀を助け、竜宮城へ連れて行ってもらい、

帰りに乙姫様からもらった「玉手箱」。

 

その際に、乙姫様は

「決して開けてはなりません」

 

と言って渡しましたよね?

・・・じゃあなんで渡すんだよって感じですが。

この行動に、乙姫様の「伝えたいこと」があったことでしょう。

 

まぁ乙姫様はこのカリギュラ効果を知っていたのかどうかは定かでありませんが。笑

 

まんまと浦島太郎は「あけるな」と禁止されていた玉手箱を

開けてしまったのです・・。

 

鶴の恩返しだってそうですよね?

「絶対に障子をあけてはいけません」といわれると、

ついつい、覗いてしまうのです。

 

 

私には5歳と7歳の可愛い子ども達がいますが。

「やっちゃダメだからね!」というと、100%やります。笑

 

こないだお風呂に入れようと思ったら、

子供達は遊びに夢中で、案の定言うことを聞きません。

なんども「おいでー!お風呂だよー!」と言っても、聞く耳持たず。

 

なので私はすぐに、

「今からお風呂はいるけど、絶対にこないでね!きちゃダメだからねー!」

 

というと、だいたい走って来ます。笑

 

 

日常のなかでも、探せばいくらでも例があります。

そのくらい、カリギュラ効果というのは、

私たちにとって身近な行動心理パターンなのですね。

 

 

商品を売るときに有効な活用術

 

実はこの心理学は、冒頭でも言った通り、商品を販売するときでも有効なのです。

 

例えば、「この商品を買ってください!今すぐ買ってください!めちゃくちゃ良い商品なんですよ!」といっても、大抵の人は買いませんよね。

 

しかし、

在庫に限りがありますので、価値があるかわからないという方は、絶対に買わないでください。

なぜならば、この商品の価値をわかってくれる方にだけ、購入してもらいたいからです。

 

と書くと、「ん?」となり、気になりますよね。

 

普通は「買ってください」といってお願いをしますが、

逆に「こういう人は買わないでください」といったほうが、

大きい成約率を出せるのです。

 

 

また、こういう人は買わないでくださいということで、

お客さんを限定することができます。

 

すると、あなたの理想とするお客さんが集まりやすいですし、クレームや、商品への不満もありません。

 

例えば、、、

 

「スポーツで生計をたて、安定的な売上を保ちたいという方は、ぜひこの本を購入して読んでみてください。

ただし、楽して一気に売上をあげたいと思っている方は、この本を買わないでくださいね?

なぜならば、この本は安定的な収入をもたらすための方法です。

なので、短期間で楽に売上をあげたいというかたはどうぞご遠慮ください。」

 

となると、楽して稼ぎたいというかたは、まずお客さんにはなりませんよね?

 

そして、こういったことはできませんということで、

この商品への自信が相手に伝わり、信頼も高まるわけです。

 

 

行動心理を学んでいる方であれば、

人は感情が動いたときだけ行動するということを知っているはずです。

 

それに加え、「◯◯しないでください。なぜならば〜」という部分の理由を

しっかりと答えることが大きなポイントです。

 

これを書いていないと、コピーに説得力がありませんし、

読み手に「なぜ?」と思わせてしまったら、

大抵サイトを離れるか、閉じられていまいますから。

 

禁止のパワー

 

カリギュラ効果は、とても強い威力を発揮します。

そのうえ、顧客の信頼も構築できますし、

自分のための商品かを判断する材料にもなりますし、

クレームや不満もなくなり、本当いいことばかりです。

 

あなたのビジネスでも、ぜひ取り入れてみてください。

すぐに効果が実感できることだと思います。

 

 

ただし・・・

 

どうせやっても無駄だと思っている人は、絶対に試さないでください。

なぜならば、こういうひとは、きっと何をやっても無駄だと決めつけて結局効果がでませんから。

 

これほど著名な心理学者達が言っているのだから、効果があるに違いない!と

信じてくれる方のみ試してみてください。

 

あなたが実際に数字を見なくともわかるくらい、

お客さんの反応が大きく変化しますから。

 

 

 

・・・・。

 

 

 

↑やりたくなりません?笑

 

 

それでは、今日はこのへんで!

 

 


新しいスポーツマーケティングの実践方法が学べます!まだスポビジ大学のメルマガに登録していない人は、下記のボタンより、無料メルマガにご登録下さい。