スポーツで起業!「何からやっていいのか分かりません」という質問。

宮城です!

最近、このスポビジ大学がかなり注目されてきた気がする。

理由はもちろん、あなたのような人が、
こうして情報をご覧になっているからだと思うのだが。

実は他の要因として、インターネットの広告を通じて、
このスポビジ大学が提供するメルマガをアピールしている最中で。

この効果が出ている事にも要因として挙げられると思う。

そんな中で、メルマガに登録された方に対して、
「何か、悩んでいる事があったら質問して欲しい!」

そう呼びかけたことろ、、、

なんと、毎日多くの質問が事務局あてに届くようになった。
※ありがたや〜(笑)

質問の内容に関しては多く分けて2つで。。。

  • 集客についての問題。
  • 起業についての問題。

この2つがメイン。
※もちろん、他にも多くあるけどメインはね…?笑

1つ目の集客についての問題は、
メルマガを読んでいく中で解説しているので、

ここで挙げても仕方がないので割愛するのだけど。

今回はもう1つの問題でもある。
『起業』について僕が感じた事をあなたにもシェア。

 

「何をして良いのかわからない」これが一番の壁?

 

さて、スポーツビジネスで起業したいという相談を多く受けているのだが、
その中で、同時に聞かれる事がある。

それが以下の事だ。

「スポーツビジネスで起業したい、でも何から始めて良いのかわからない。」

ということ。

確かに、そう言われるとそうだなぁと思ったのだけど、
これって、実はスポーツビジネスに限らず。

僕の経験上、「起業」というテーマで考えた際にも
同様の悩みになるんだよね?

そこで、今回は僕のおススメする
「起業を志した際に、最初に始める事」

これについてご紹介したいと思う。

まずはマネタイズの経験

きっと、多くの専門家の場合だと・・・

「まずは開業届を出しましょう」とか。

「立地を調べましょう」とか。

「勉強しましょう」とか。

こういう、下調べや準備に関する話になると思うのだけど、
僕の経験上。。。

起業して「上手くいったな?」と思った人の共通点は、
実は上記の事ではなく。

単純に、、、

「小さな規模でも良いからマネタイズの経験をする」
ということに尽きたなと感じる。

要するに、100円でも1,000円でも良いから、
自分自身の考えているビジネスアイディアで収益を得るという経験をするということだ。

もう、これが一番速い。

 

お金を取る事が怖い

ビジネスを継続する為には、絶対に収益が必要だ。

そうなると、いかにしてお客さんを集めて利益を獲得するのか?
という状況を速く作れるのかが起業成功の鍵となるのだが。

多くの人は、それぞ実現する為に、
先に勉強をしてしまう傾向があるんだよね。

これ自体、間違った事ではないのだけど。

結局、実践経験の無い状況での学習というのは、
机上の空論止まりであって。

どんなに、学んでもそれを行動レベルに移せていないなら、
それは無駄に終わる可能性が高い。

そして、どんなに勉強しても行動出来ない大きな理由は…

そもそもお客さんに対して「お金を取る」という行為自体に、
まだまだ気持ちが引けている状態が多いんだよね。

だから、100円でも1,000円でも構わないので、
自分の持つ、価値をまずは市場にリリースしてみる。

これが凄く重要なのである。

それを経験すると、必ず市場から反応が返って来る。

もしかしたら、いきなり利益を得るかもしれないし。

もしかしたら、全くお客さんが集まらないかもしれない。

でも、実は結果は両者のどちらでも良くて、、、

理由はというと、どうせ、何もしないでも
ずっと上手くいくというビジネスは存在しないわけだから。

結果的に、僕等は「起きた状況」に対してのみ、
学んだ事を活かせるわけであって。

そうなると、改善をする為にも、
まずは実践してみないと次もないというわけである。

だから、まずはどんなに小さな規模でも良いから、
まずはスポーツを使った事業をやってみる。

  • へたくそでも良いから、チラシをつくってみる。
  • 知り合いからでも構わないから、その商品を案内してみる。
  • 慣れないかもしれないけど、SNSなどで情報を発信する。
  • とにかく、まずは商売をやってみる。

ということが大事なんだよね。

「うまくいかないから恥ずかしい」とか、

「まだまだ自分なんて・・・」

そんなことを言っているうちは、
一生行動できないよ?

どうせ、あなたが思うほど、
周りはあなたのことを気にしていない。

だとしたら、勝手に試してみた所で、
なにも悪い事ではないでしょ?

実際に、僕も成功させた事業も多いけど、
それ以上にお蔵入りになった事業も多いからね。笑

要するに、ここで言いたいのは。。

それでも、僕は。

「失敗を恐れずに、色々な商品やサービスをリリースしてきたよ?」
ということなんだ。

ぜひ、あなたも小さな第一歩を、
大きなきっかけにして欲しいと思う。

それでは、健闘を祈る!

 

PS スポーツビジネスに特化したメルマガ知ってる?

記事の中で、話していたスポーツビジネスに特化したメルマガなんだけど、
色々と事例も書いてあるから、下記からチェックしてね。

↓ ↓

今すぐスポーツビジネスについて学ぶ