スポーツコミュニティのブランド力を高めてメンバーを集める

from 宮城哲郎

今日のテーマはブランド力、即ち「ブランディング」に関しての話です。多くの人はブランディングとか、タイトルにもあるようなブランド力という言葉を聞くと、高級感などのようなことをイメージするかも知れませんが、これはあながち外れではありません。

即ち、コミュニティのブランド力を高めるという事は、自分達のコミュニティを「ブランディングする事」であり、このブランディングが上手くいくと、市場からある一定の評価を得られることになるので、結果的に集客もしやすくなるのです。

その為には、まずは「ブランディングとは何か?」について話をしないといけないので、今回はブランディングについて学び、それをどう活かすかという部分についてお話ししたいと思います。

マーケティングは認知度を高める、ブランディングはイメージアップを図る

これは僕のクライアントと仕事をする時にもよく遭遇する場面なのですが、ビジネスを強化するにあたり、多くの場合、この「マーケティング」と「ブランディング」の違いが、あまり分かっていないケースをかなり見かけます。

実際に、この両者は混合した施策を取られる事が多いので仕方がないのですが、特に、予算が限られたプロジェクトなどを展開する場合には、この辺りの理解の差がプロジェクトの成否を分ける場合があるので、きちんと理解しておいた方が良いでしょう。

両者共に、自分達の商品やサービスを売りやすくする為に行なうものではあるのですが、その役割には大きな違いがあるのです。

簡単に言うと、マーケティングというのは自社の商品やサービスについての認知度を高める為の活動であり、ブランディングというのはその商品やサービスのイメージアップを図る為のものであるという事をまずは押さえておいて下さい。

コミュニティを例としたマーケティングとブランディングの違い

今回は、「コミュニティのブランド力を高める」という内容の記事なので、コミュニティを例に、その違いをお伝えしたいと思います。

仮に、市場に対して「あなたのコミュニティが楽しいという事を場である事を伝える事を目的」とするとしましょう。

その目的を達成する為に、マーケティング活動をするとなると、どのような事をおこなうかと言いますと…

「私達のコミュニティは凄く楽しいですよ?」と自分達の事を、自分達から発信していく事

これがマーケティングです。

ですから、まだまだ認知度が低い、起業前とか、新規事業の立ち上げ等の様な場合は、マーケティングをするという事がもの凄く重要なるのです。(※マーケティングについての細かい部分は他の記事で学んで下さい。)

では、反対にコミュニティをブランディングするという事はどういう事か…?

「あなたのコミュニティって凄く楽しそうですね?」と相手に認識してもらう事

これが、ブランディングです。

ブランディングをする事とは、相手に対して「自分達の事をこんな風に思って欲しい」というものをイメージしてもらう努力をおこなうことなのです。

ですから、ある程度、マーケティングによって自分達の商品やサービスが認知されてきたら、次は「どういったイメージを相手に持ってもらうか?」というブランディングを行なう必要があるのです。

もちろん、これらの目的が完全に別れる事は無く、双方の要素を踏まえた上で「マーケティング」と読んだり「ブランディング」と読んだりもするのですが、極端に意味を分けるとするならばこの様な分け方となります。

それでも、長期的にビジネスを作り上げていくのが上手い人達は、この両者を計画的に実施するのに長けている事を覚えておくと良いでしょう。

スポーツから教育へのシフト

これは、実際の僕の例です。

僕が代表を務める(1社)サンビスカス沖縄で、まさにこの話の事例が行なわれている最中です。それは何かというと?

「サッカー(スポーツ)の会社から教育の会社へのシフト」というブランディングです。

実際に、僕がこのクラブを立ち上げた8年前には、僕がサッカー選手だったということもあったり、加えて事業がサッカー教室しかなかったので、とりあえず「サンビスカスと言えばサッカー」という事を全面的に押して活動していた時期があります。

クラブの全てのチラシ、ホームページでの文章など、ありとあらゆる場面で「元プロサッカー選手」とか「ブラジル」とか「海外」とか、これまで自分が経験して来た事を全て、そのままクラブの色として発信していった事を覚えています。

途中、1サッカー教室とも思われてはいけないと思ったので、「総合型地域スポーツクラブ」という様な、クラブ色も同時に出して活動をしていたのですが、その当時から既に僕等は…

「サンビスカスは将来的にはサッカーという分野を超えた組織にする」

という事をイメージして活動しており、10年という長期計画で、サッカーから、スポーツ、そして教育という分野に向って進んでいこうと計画をしていたのです。

もちろん、これまで培って来たサッカーやスポーツという要素も、組織の財産として受け継いだ組織にしようとしていますが、それでも最終的に。

「サンビスカスと言えば教育を提供する会社」であり、その為の手段としてサッカーやスポーツ、その他多くの教育に関する問題を解決するクラブと思ってもらえる為に、これまで色々な施策をうって来たという事です。

例えば、最初の方は「サッカー」というコンテンツを中心に事業を行ってきましたが、その後は、幼児世代の運動や健康に対する事業を積極的に行なったり、先生方や保護者向けに教育や子育てに関するコンテンツや事業を提供したりしていきました。

その他にも、「親子」をテーマにした事業、「3世代」をテーマにした事業、「地域」をテーマにした事業、「家族」をテーマにした授業、「子育て」をテーマにした授業といった風に、どんどん自分達の活動の内容を微妙に調整し、クラブの活動のステージも上げていったのです。

ですから、年々、周りからはこんな声の変化が起きています。

「サンビスカスってサッカーのクラブですよね?」

「サンビスカスってサッカー以外の活動もあるんですよね?」

「サンビスカスってサッカーの活動もされているんですよね?」

「サンビスカスって色々な世代の事をやっているんですね?」

という様な感じです。

もちろん、まだまだ僕らがイメージしているサンビスカス像にはたどり着いていませんが、この様な形で自分達の「こう思って欲しい」というイメージを相手に、そう認識してもらう努力を行なっているという事です。

最終的に自分達の事をどう思ってもらいたいのか?

ブランディングの肝はまさにココにあります。ブランディングとは自分達の価値をどう認識してもらえるかであり、最終的に「自分達の事をどのように思ってもらいたいのか?」というゴールを持っていなくてはブランディング戦略は効果を発揮しないのです。

あの有名なAppleは、このブランディングに大きな成功をもたらした会社です。たくさんのメーカーがあるにも関わらず、スマートフォンと言えば「iPhone」というマーケティング活動を行い、且つ。

iPhoneと言えば、高品質でデザイン性に優れているよね?

そう、市場に認識してもらえる様なブランディングに成功しました。

これは、コミュニティを形成するのも同じです。

スポーツコミュニティには色々な、理念や目的を持った組織が存在しますが、その中で「自分達の意志に賛同する様なメンバーを集めるため」にどのようなブランディングをするか?というのを常に考えないといけません。

なぜなら、今後消費者は、より自分の価値観を満たす物を購入する傾向が出て来るからであり、その価値観を満たす物と言えば「あなた」と思ってもらわないといけないからです。

その為に、あなたがやる事は

「自分が何者か?」

「どういった事を考えているのか?」

「どんな人と付き合いたいのか?」

そういった部分を発信していく必要がありますし、それらをインターネットやオフライン問わず、多くの媒体を通して発信していく必要があります。

マーケティングもそうですが、あなたが発信したメッセージ、そして活動の蓄積が、そのままあなたの「ブランド」として価値をもたらします

結果的に、マーケティングをして市場に自分達の存在を認識させ、そして中で、日々の活動や発言が「そのまま、あなたというブランドを作り」、最終的には、あなたというオンリーワンのポジショニングを得る事が出来るのです。

ですから、あなたは「自分がどうなりたいのか?」という事から逆算した、コミュニティ活動をしなくてはいけませんし、その継続が結果的にブランド力を高め、あなたのコミュニティの活動を更に活発にしていくのです。

「1日、2日程度でブランドは生まれませんし、ブランディングとは、あなたの日々の生き方の結晶です。」そう考えると、今からでもあなたは「未来のなりたい自分の為の発言や行動をする」必要があるのです。

ぜひ、あなただけのブランディング方法を確立し、あなたというオリジナルのブランドを作り上げて欲しいと思います。

 

宮城哲郎

追伸 スポーツを仕事にしている人で、上手くいく人とそうで無い人の大きな違いも、今回の「相手にどのように認識してもらえるか?」という部分が大きく左右します。

その辺りの、事実をこのメルマガでお話ししていますので、ぜひごらんになってください。

↓ ↓