コミュニティメンバーのモチベーションを高める為の方法!

From:宮城奈津子

 

組織があれば、そこには必ずコミュニケーションツールが存在します。

 

コミュニケーションツールは、会社にとって様々ですが、会社がある組織であれば、そこに集まる習慣があります。そして、朝礼や会議などでコミュニケーションを取っていくのが普通ですよね。

 

しかし、小さな会社の中には、「そもそも会社がない」という企業もあります。

 

特に、今の時代は場所を選ばず仕事ができる時代になってきましたよね。

 

うちの会社も、実は会社がありません。プライベートオフィスはありますが、社員やスタッフが来ることはほぼありません。

 

なので、スタッフと会うのは月1回のミーティング程度です。

 

「え?そんなんで会社って回るの?」と思うかもしれません。でも、今の時代、どうやって効率よくコミュニケーションを取れるか?が重要です。

 

ただ毎日会うことが、メンバーとコミュニケーションを取る方法ではないはずです。今回は、うちの会社で取り入れている「メンバーのモチベーションを高めるための方法」についてお話しします。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね?^^

 

メンバーとのコミュニケーション

現在、うちの会社では「チャットワーク」というもので業務連絡をしています。

 

私自身、個人で契約している会社様とは、ほとんどチャットワークでやり取りをしているので、この便利な機能をぜひうちでも取り入れたい!ということで導入しました。

 

チャットワークとは、facebookメッセンジャーの仕事版のようなもの。グループ内でメッセージのやり取りができるだけでなく、ファイルを貼り付けられたり、共有ファイルをシェアしたり、個別のタスクで指示ができたり。

 

このチャットワーク上で、全ての指示や、スタッフからの意見をやりとりする、といった仕組みです。

 

実際、会議では「不要な話」をしてしまう時ってありませんか?雑談から始まり、プライベートな話、全然まだ先の話、どーでもいい話。笑

 

これって結構な時間の無駄だと思いませんか?しかも、大抵は上司の話で終始し、部下はだんまりで、決まった事項だけをとりあえず実行する。提案をしたくともできない状況にあります。

 

しかし、チャットワークであれば、無駄な話は一切でません。仕事上のやりとりに、プライベートな話を盛り込む人はいないでしょう?

 

文章をわざわざ打ち込んでまで、雑談をしたい人はいないはずです。そうなると、必要最低限で、なおかつ的確な指示を出すことができます。そして、欲しい回答をもらえる。そのサイクルが遠方にいてもできるのがチャットワークのよさです。

 

モチベーションが上がるコミュニケーション

実際にうちでもミーティングでスタッフからの提案はあまりありませんでした。しかし、チャットワーク上になったら、非常に小さなことでも、改善点につながり、発展的な会話が生まれます。

 

つまり、スタッフが現場の声を出しやすい環境にあるということです。現場の声をひろうことで、スタッフは「案件が採用された!」と嬉しくなります。

 

すると、小さなことでも、何か気がついたら発案する「癖」がついてきます。チャットワーク上であるからこそ、発言しやすい環境をあえてつくることで、メンバーとのコミュニケーションが充実し、モチベーションをあげることにも繋がってくるのです。

 

 

スタッフに士気がある組織は、とても強いです。エネルギーとやる気に満ち溢れていれば、自然と顧客への対応もよくなります。顧客対応がよくなると、勝手に口コミが起きてきます。口コミが起こると、お客様が増えてきます。

 

こういったプラスのサイクルが生まれるのも、全てコミュニテイメンバーのモチベーションを、いかに高めることができるか?が重要です。

 

あなたの組織ではどうですか?

こういったコミュニケーションツールは、今ものすごく重要視されています。直接会うことが難しくても、スカイプで会議をしたり、社内SNSも今たくさん出ています。

 

どのコミュニケーションツールを使ったとしても、共通して言えることは「メンバーのモチベーション」をあげることです。ひとりひとりと、どうやって密に連絡をとるのか、どう発案しやすい環境をつくるか。どうその発案を採用するべきなのか。

 

メンバーのコミュニケーションを高めるために、こういった環境を作り上げることが、何よりも大切なのです。

 

ぜひ、試してみてくださいね?

【現役アスリートから、起業を志す大学生までが登録しているメルマガ】

スポビジ大学は、スポーツを仕事にしたいと思っている人達の為の情報サイトであり、スポーツを仕事に自分の好きな事をライフスタイルに取り入れたいと思っている人の為に無料メルマガを発行しています!

自分の持つ「専門スキル」や「知識」を武器に収入を上げて、理想のライフスタイルを過ごしながら活躍出来る、スポーツ起業家になるための具体的な方法を手に入れたい方は他にはいませんか??

現在、現役プロスポーツ選手、元プロスポーツ選手を始めとし、総合型地域スポーツクラブ関係者、スポーツクラブ経営、スポーツ教室経営者、パーソナルトレーナー、コーチング業、店舗経営、治療院経営、幼児教育業界、現役大学生といった方達が登録し、日々「スポーツビジネスで成功を収める為のヒント」を獲得しています。

↓ ↓