「組織のアピールをしたい!」そんな時のイベントとは?

from タスク

あなたは自分の所属する組織が何の目的のためにあるのかを説明できますか?

例えば、私の組織は「営業部」会社の商品を販売するのが目的です!という方がいたとします。

果たしてそれは正解でしょうか?

 

なぜ会社はその商品を販売するのか?

その商品はお客様にどんな価値を提供するのか?

なぜこの商品を相手に消費して欲しいのか?

 

営業にもいろいろあり、商品にも色々ありますよね。

 

それをしっかりと理解しないままに営業を行っていても、自分がしっかりと理解してない、説明できない商品を誰も買ってはくれません。

 

組織のアピールをしたい!と考えた時に、やはりどんな組織で、何をアピールしたくて、アピールしたくない部分はどんなところかをしっかり把握しておかなくてはなりません。

 

部下やスタッフがイベントの意味を理解していないという損失

 

先日ある展示会・商談会に行ってきました。新商品は何だか面白そうで、これは扱ったら売れそうだなぁと考えながら見ていました。

 

しかし、この商品を仕入れて販売するまでの話を業者としていると、担当者がその流れをよくわかっていなかったり、別の担当者は仕入れの数字が違ったりと、何だか不安な様子。結局一度考えますと伝え、会場を後にしてきました。

 

この様に、せっかくの新商品PRイベントが、商品のPRは成功だが、組織の弱さを露呈してしまい、うまく効果が発揮できなかったという場合があります。

 

これは、先ほどお話しした様に、何をアピールしたくて、どこをアピールしたくないのかなどをしっかりと整理しておいたほうがよかったと思います。

 

そしてその整理するときに必要なことは、「ターゲットを明確にする!」ということです。

 

上の例でいくと、展示会や商談会に来るお客様のほとんどは、個人の楽しみではなく、商品の仕入れが目的で来場しております。つまりB to Bです。

 

その為、商品の良さに加えて、相手がどうスムーズに販売を行えるか、どれだけ儲けが出るのか?というのは重要な問題です。そこを整理しておけばよかったのです。

 

この様にターゲットを明確にしておけば、準備するものやイベントの内容が変わってきます。

 

誰に何をアピールしたいのか?

 

あなたは、組織の何をアピールしたいですか?

 

そしてアピールしたいターゲットは誰ですか?

 

前回・前々回と私どもが行ってきたイベントについてお話ししました。台湾で行った東アジア国際サッカー大会、マンチェスターユナイテッドサッカースクールの誘致など、一見海外や不特定多数の方をターゲットにしているように見えますが、実は全て身内に向けてのアピールなのです。

 

身内というのは、例えば総合型スポーツクラブサンビスカス沖縄の会員様です。

 

サンビスカス沖縄の会員になれば、世界のマンチェスターユナイテッドの指導を一般より安く受講できますよ!先行予約できますよ!

 

サンビスカス沖縄でサッカーを生涯頑張っていたら、県内国内だけでなく、海外でもプレーする機会があります!しかも指導してくれるスタッフは、アジア大会で優勝した選手・監督たちですよ!

 

というように、会員満足を高めたり、クラブの価値を高めたりするために、サンビスカス沖縄はこれらのイベントに協力しているのです。

 

もちろん、別の目的の為に参加している団体もあるのですが、それぞれ参加する目的が決まると、今度はHPやSNSでの見せ方も変わってきます。

 

今度はターゲットにどう見られるかです。

 

この組織のアピールを誰に行うか、どう見られたら良いか?を考えましょう!

 

このように、イベントにも様々なイベントがありますが、大事なのは何をアピールしたいか?誰にアピールしたいのか?どうターゲットに見せるか?

 

これをまずはじめに決めることです。

 

これ決まれば、自ずとできる形で、効果的なイベントを行うことができると思います。

 

それでは今日はこの辺で。

【スポビジ大学よりプレゼント!!】

スポビジ大学は、スポーツビジネスに特化した情報サイトであり、スポーツを仕事に自分の好きな事をライフスタイルに取り入れたいと思っている人の為の情報サイトです。

自分の持つ「専門スキル」や「知識」を武器に理想のライフスタイルを過ごしながら活躍出来る、スポーツ起業家になるための具体的な方法を手に入れたい方は他にはいませんか??

↓↓