スポーツイベントの成功事例~マンチェスターユナイテッドサッカースクール~

何を持って成功というのかは非常に難しい。しかし、思惑通りに結果が出たということは一つの成功として、評価することが大切であろう。

 

2013年の夏、香川がマンチェスターユナイテッドへ移籍したこともあり、イギリスからマンチェスターユナイテッドのコーチたちが来日し、日本国内でサッカースクールを行った。

 

その内容としては、三日間のキャンプ形式になっており、三日間朝の9時から夕方6時まで、みっちりイギリスから来たコーチ達が指導してくるというものだ。

 

指導に使うサッカーのトレーニングキットも、すべて実際にマンチェスターユナイテッドの選手達が使用するものと同じもので、船でイギリスから沖縄まで運んでくるというこだわりぶりだった。

 

また参加した選手達には、マンチェスターユナイテッドのユニフォーム・パンツ・ソックスがナイキ社から支給されるため、我々参加したスタッフやボランティアで参加したスタッフまで、他のスポーツメーカーのウェアやソックス・シューズなども禁止され、すべてナイキ一色にするよう命じられた。

 

当時世界で一番価値のあるサッカークラブとまで言われていただけに、とにかくこだわりが何から何まですごかった。悪い言い方をしたら、かなり面倒くさかった。(笑)

 

コーチたちの朝食や昼食そしておやつまで、あれはダメこれはダメ、必ずフルーツを用意すること、フルーツは何種類、ハラル食のコーチもいたため、一人分常に別のメニューを出す。などなど、言えばきりがないほどのこだわりようだった。

 

もちろんその中で、日本の文化との違いで色々言い合ったり、トラブルなどもあったのだが、この一点においては成功だったと胸を張れるものがある。

 

それは、サンビスカス沖縄やPdHという私の会社の知名度アップだ。

 

僕らは、このイベントの準備・参加者募集・運営・片付けを一つの仕事として、ビジネスとしていたのだが、この収入よりも、大きなものがあった。

 

まずは、参加者募集について。

 

新聞やラジオでももちろん告知を行ったのだが、この告知をする際沖縄開催は、総合型スポーツクラブサンビスカス沖縄のHPで詳細を書き、そこからリンクでマンUのHPに飛ばすということを行った。

 

ラジオでの告知でも

 

「詳しくはサンビスカス沖縄のHPをご覧ください!」

 

 ↓

サンビスカス沖縄のHPを見る。

 ↓

詳細を確認する。

 ↓

マンUのHPでも申し込みはできるが、サンビスカス沖縄の会員は10%offだということがわかる。

 ↓

またサンビスカス沖縄のHPに戻ってくる。

 ↓

すぐに会員にならなくても、無料体験に来るなどしたら、割引が受けられる。

 ↓

サンビスカスのサッカースクールのことを知る。

 ↓

当日マンUのスクールに来る。

 ↓

マンUのコーチに混ざって、サンビスカス沖縄のコーチたちもイベントに関わり活動をしている。

 ↓

保護者や子供達は、見慣れた顔のサンビスカス沖縄のコーチたちに親近感を持つ。

 ↓

マンUのスクールもやるようなコーチたちの元で、毎週スクールに参加したい!

 ↓

そしてサンビスカス沖縄の会員になる。

 

というような流れである。

 

プロセスはここではざっくり書いたが、実はもっと刷り込むための仕組みを仕掛けていたのである。

これはまた次回にお話ししたい。

 

 

そのした結果、サンビスカス沖縄のサイトがパンクするんじゃないか心配するくらいのアクセスがあった。その数は1日で数万アクセスを超えた。

 

検索サイトでの順位にも大きく影響したことだろう。

 

こうなると、さらに県内の同業者とのインターネットでの活動に差が出る。

 

ここまでくると、面白くないサッカー関係者のヤキモチや邪魔が露骨に来る。(笑)

 

僕らは、そもそも、そんな人たちを相手にしていないが、僕らに対してネガティブキャンペーンをしようとしたり、ルールを捻じ曲げて僕らの通常の活動を邪魔しようとした人たちは、自分たちからことごとくその信用をなくし、業界を去ったり、沖縄からいなくなったりした。

 

実際あなたならどう思います?

 

もう一生沖縄に来るかわからないマンUのサッカースクールに、自分の子供が参加したい!と思ったとする。

しかもそれは、テストで上位に入ると、イギリスまで招待もしてくるような夢のようなイベント。

 

そんな子供の夢に向かって参加しようとした時、地域のクラブの監督が、そんなことで休んだらダメだ!レギュラーを外す!サンビスカスは大したことないクラブだ!みたいなことを言ったとする。(笑)

 

僕が親なら、確実にこの指導者から、一刻も早く自分の子供を離したいと考える。

 

あなたが親ならどう思います?

 

こんな機会にむしろ、自分も一緒に参加して子供たちのためになるような練習法はないか?

何が海外のクラブと違うのか?と学んでこそ指導者だと思う。

 

しかも我々は、その県内すべての指導者に、無料で練習見学しコーチたちから話を聞けるチャンスも用意したのにである。

 

もちろん、かなり多くの指導者には参加して頂き、そこで県内の指導者と関係ができたのも良かったことだろうし。

 

少々の嫉妬もあったが、それくらいインパクトのあるイベントだったのだ。

 

まだまだ沖縄で、このように本物が来ることが少ないので、このスクールを誘致したということで、多くの企業や行政からも注目していただいた。

 

その結果が、のちの様々な事業へと広がりを見せたのである。

 

 

この様に、自社でこのイベントの目的を明確にすることで、必ず何らかの成果を生むことができるのである。

 

今回のイベントでは、我々の知名度アップでの成功であった。

 

次回は、世界とつながった、国際交流のきっかけとなったイベントの成功例をお話ししたいと思う。

 

 

PS スポーツビジネスに特化した情報、欲しくありませんか?

スポーツビジネスに特化したメルマガをご紹介!
色々と事例も書いてあるから、下記からチェックしてね!

↓ ↓

今すぐスポーツビジネスについて学ぶ