正しい差別化を学びライバルに差をつける

あなたも一度や二度は聞いた事があるかも知れないが、

ビジネスでライバルよりも優位に立つ為には「差別化」が必須だ。

 

特に、現在の様に「自分達と同じ様な商品やサービスは皆無に等しい」

そう言われている時代において、

 

『いかに相手との違いを見せて、自分達の事を選んでもらえるか』

 

そういうことについて考え抜くことは、

スポーツビジネスに限らず、多くの分野で永遠テーマでもある。

 

今回は、そんな「その差別化をする為に必要な事」について、

コンテンツとしてまとめたので、あなたにもシェアしたいと思う。

 

違いを打ち出すのは難しい?

 

あなたが多くのライバルの中で選ばれる為に必要な事は、

【単純に他との「違い」を打ち出すこと】だ

 

だが、簡単に「違いを打ち出す!」そうは言ったもの、

なかなか差別化が出来ないのもまた事実。

 

なぜなら「差別化を図る」為には、

いくつのハードルがあるからだ。

 

ハードル① まず、他との「違い」を作るのがそもそも大変。

 

このブログを読んで学ぶぐらいなのだから、

きっとあなたもこれまでにも。

 

「どうやって差別化をすべきか?」

ということは考えた事があると思うのだが、

果たして実際にうまくいったのだろうか?

 

多分、ほとんどの場合、

うまくいかなかったかもしれない。

 

もちろん、それはあなただけでなく、

実際には多くの人も同じ様に挫折するのだが。

 

差別化というのは、口で言うのと実際にやるのでは、

本当に違いがあることを、まずはこれを押さえないといけない。

 

なぜなら、の世の中であなたにしか提供できないサービスなんていうのは、ほとんど、ゼロに等しいからだ。

 

そもそも、このような状況のせいで、

他との違いを作る事が大変だということなのだ。

 

 

ハードル② 真似されてしまう

 

そして、2つ目の問題は、例えあなたが、

差別化に成功したとしても「簡単に真似されてしまう」という問題だ。

 

先ほどの「ハードル①」ほうでも伝えたのだが、

そもそも…

 

の世の中であなたにしか提供できないサービスなんていうのは、

ほとんど、ゼロに等しい

 

だが、もしも、その様なサービスが存在していれば、

その時点で差別化とかを深く考えずとも、

 

他との「違い」があることになるのだから、

そもそも差別化に困るという事は起きないはず。

 

特にスポーツビジネスにおいて、相手に実際に体験して頂かないと、

そのサービスが良いか悪いかすらも分からないという特徴もあり。

 

こればかりは色々な場所で話している通り、

「サービスの良し悪し」というもの自体、

相手の価値観による物も大きい。

 

つまり、現時点で僕らが提供できる差別化というのは、

無理矢理作った「違い」ということになってしまう。

 

・顧客を絞ったり
・分野に特化したり
・地域を限定にしたり
・競技を絞ったり
・カテゴリーを絞ったり

そのような細かい所を、

周りの競合やライバルなどを研究した上で

打ち出していくのだが。

 

例え、その時点では差別化出来ていたとしても、

ライバルに「うまくいってそう」と見られると、

まず間違いなく真似されてしまうだろう。

 

その対策としては…

  • 圧倒的なNO1になり他の追随を許さない存在になる
  • 新しい「違い」を打ち出し続けて、逃げ切る
  • 積み重ねた年月をウリにしながら歴史で勝負する

 

このような方法を取る必要があるのだが、

それでも、やはり簡単に実現出きる物ではなく、

まるでイタチごっこなようなものだ。

 

相手にとってオンリーワンになる為には?

 

では、どうすればいいのだろうか?

 

それは、他とは違う存在になろうとするのではなく、

相手にとっての「オンリーワンになる」という方法を取る事です。

 

その為に、あなたが目の前の顧客にやるべきことは、

あなた自身の手によって、顧客に対して、

顧客自身がこれまで考えもしなかった、

新しい常識や価値観を伝える事。

 

これが、凄く重要だ。

 

多くの人にはそれぞれ価値観と言うものが存在するのだが、

それはあなたの商品やサービスに対しても同じことで。

 

顧客がこれまでの人生経験の中で、

あなたの商品やサービスに対して持っていた何らかの常識・価値観を覆し、

全く違う常識・価値観を伝えてあげるという事をしてあげることだ

 

例えば、これまでスポーツという業界において、

「非営利でなくてはいけない」といった常識があった。

 

スポーツとは教育的要素が強く「ビジネスなんて言語道断だ。」

そんな価値観や常識があったはず。

 

 

そして、多くの専門家と呼ばれる人達も、

同様にそれを語るので。

「スポーツ=非営利」の常識がそこで作られる。

 

だが、僕の様に…

「きちんとあなたの価値を伝え適正な対価を得て下さい」

このような事を語るとどうなるか?

 

他に同じ事を主張をしている人がいないわけだから、

それが他のスポーツの専門家と僕の「違い」になりますよね?

 

それに、他の人が同じ事を言ったとしても、

その価値観を既に知っている人からすれば。

 

「その話はもう私の先生から習った。すでに知っている」

そういう事になるわけなので。

 

少なくともあなたの主張を先に聞いたお客さんが、

同じ主張をする人のところに行くという事は無くなるはず。

 

この様に、世の中には同じ様な商品やサービスが溢れている中で、

それでも、あなたの事を「他とは違うと思って頂く」ためには。

 

目の前のお客さんの価値観や常識の中に、

あなたが新しい価値観や常識を伝える事で。

 

「あ、この人は他とは違うな…。」

そう思って頂く必要があるというわけだ。

 

だから、その為にあなたがやるべき事は…

 

お客さんが、あなたの業界において、

どんな常識・価値観・信念・思い込みを持っているか?

※これ凄く重要。

それを調べる必要があります。

 

あとは、あなたのこれまでの知識やノウハウを駆使して、

顧客が知り得ない常識や価値観を伝えてあげる事で、

顧客にとって「オンリーワンの存在」になっていくことだろう。

 

ぜひ、今すぐ実践して欲しい。

 

 

【スポビジ大学よりプレゼント!!】

スポビジ大学は、スポーツビジネスに特化した情報サイトであり、スポーツを仕事に自分の好きな事をライフスタイルに取り入れたいと思っている人の為の情報サイトです。

自分の持つ「専門スキル」や「知識」を武器に理想のライフスタイルを過ごしながら活躍出来る、スポーツ起業家になるための具体的な方法を手に入れたい方は他にはいませんか??